VOO:バンガードS&P 500 ETF(ウォーレン・バフェット推薦)2021年8月

世界最大級の資産運用会社であるバンガード社の日本法人(バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社)が2021年2月28日をもって廃業しました。その結果、日本語版のETFの商品説明をやめてしまったので、英語版を日本語に翻訳してその内容を確認します。

ウォーレンバフェットの遺言

遺言は以下の通りです。

遺言:「10%を短期国債に、90%を非常に低コストのS&P500(バンガード社を勧めます。)のインデックスファンドに投資することです。」

ブルームバーグ社による銘柄概要

バンガードS&P 500 ETF(Vanguard S&P 500 ETF)は、米国籍のETF(上場投資信託)。S&P500種指数のパフォーマンスに連動する投資成果を目指す。主に米国の大型株を保有。S&P500種指数の全構成銘柄に投資し、四半期ごとに時価総額加重平均を用いて保有銘柄のウエートを算定し、リバランスする。

2010年9月発売以来の株価推移

2010年9月の株価は101.78USD、現在は406.98USDですから11年間で4倍になりました。日本で銀行預金に全額を預けている人から見ると信じられない利回り(リターン)ですが、アメリカ人にとっては、常識的な水準です。何しろ、アメリカ人から尊敬されている、投資家の大富豪ウォーレン・バフェットが、自分の相続財産の運用方法に推奨しているのですから。

個人、年金、大学基金の運用先

アメリカでは、S&P500に投資することによって、個人も、年金基金も裕福になっているだけでなく、アメリカの大学も研究資金をすごいスピードで増やしています。例えばハーバード大学の基金は2019年現在で4兆円ありますが、それを毎年10%近いリターンで増やしています。つまり毎年4000億円の資金を生み出していることになります。それに対して、東京大学の科学研究費は約200億円です。日本はどんどん後れを取っています。

製品概要

  • 米国最大の企業500社を代表するS&P500インデックスの株式に投資します。
  • 目標は、インデックスのリターンを綿密に追跡することです。インデックスは、米国の株式リターン全体の指標と見なされます。
  • 投資による成長の可能性を提供します。 株価は、債券を保有するファンドよりも変動が激しいです。
  • お金の成長が必要な長期目標に適しています。

ETFのデータ

資産クラス:国内在庫-一般
カテゴリー:ラージブレンド
IOVティッカーシンボル:VOO.IV
経費率:2021年4月29日現在 0.03%
CUSIP(キュージップ):922908363
ETFアドバイザー:バンガードエクイティインデックスグループ

価格と利回り

  • 市場価格:    2021年8月10日現在 $ 406.91 $ 0.40↑ 0.10%↑
  • 基準価額(NAV):2021年8月10日現在  $ 406.88 $ 0.40↑ 0.10%↑
  • 30日間のSEC利回り:2021年7月31日現在 1.24%

(注)市場価格がETFの基準価額(NAV)と異なる場合がある理由
ETFの市場価格は、需要と供給によって部分的に左右されます。 これらの市場の力に応じて、市場価格はファンドのNAVを上回ったり下回ったりする場合があります。これは、プレミアムまたはディスカウントとして知られています。

  • プレミアム/ディスカウント 0.03ドル

(注)通常,先物為替相場に関して,外貨の先物相場がその直物(じきもの)相場より価値が高い場合をプレミアムpremium(打歩)といい,その逆をディスカウントdiscount(割引)という。

リスクの可能性

リスクレベル4

中程度から積極的なファンド

中程度から積極的と分類されるバンガード ファンドは、幅広く分散されていますが、実質的にすべての資産を普通株で保有しているため、株価の大きな変動の影響を受けます。 これらのファンドは、長期的な投資期間 (10 年以上) を持つ投資家に適している可能性があります。

パフォーマンス 平均年間収益 2021年7月31日現在

1年 3年 5年 10年 設定(2010年9月7日)以来
S&P 500 ETF 36.42% 18.13% 17.31% 15.31% 15.92%
S&P 500 Index(ベンチマーク) 36.45% 18.16% 17.35% 15.35% 15.96%

ポートフォリオ構成

セクター S&P 500 ETF2021年6月30日現在 S&P 500インデックス (ベンチマーク)2021年6月30日現在
コミュニケーション・サービス 11.1% 11.1%
一般消費財・サービス 12.3% 12.3%
生活必需品 5.9% 5.9%
エネルギー 2.8% 2.9%
金融 11.3% 11.3%
ヘルスケア 13.0% 13.0%
資本財・サービス 8.6% 8.5%
情報技術 27.4% 27.4%
素材 2.6% 2.6%
不動産 2.6% 2.6%
公益事業 2.4% 2.4%

特徴 2021年6月30日現在

株式数:507
純資産合計に資金を提供する:7,535億ドル
10の最大の保有の純資産:28.5%
外国の持ち株:0.0%

カテゴリーETF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です