VYM:バンガード 米国高配当株式ETF 2022 年1月

二重課税

VYM(バンガード 米国高配当株式ETF)は、分配金(配当)が多いのですが、ここで気を付けなくてはいけないのが二重課税の問題です。

確定申告による還付

ざっくりとした数字で言うと、アメリカの株式ETFはアメリカ国内で10%の税金が課され、その後日本で20%の税金が課されます。日本国内の株式ETFの分配金であれば、20%の税金だけで済むので、10%分が二重課税されることになります。この二重課税分については、翌年に確定申告すれば還付されます。

二重課税調整制度では還付されない

2019年までは、この確定申告が必要だったのですが、2020年から、特定の銘柄については、わざわざ確定申告をしなくても「二重課税調整制度に対応した銘柄を選ぶ」ことにより、自動的に調整してくれるようになりました。ただし私(江戸庄蔵)の持っているSPY(アメリカSPDRのS&P500のETF)などの外国株式の場合は、外国国籍なので相変わらず確定申告が必要です。

外国国籍ETFの利点

しかし、確定申告が必要ないから日本国籍の銘柄が良いのかというと、それほど単純な話ではないかもしれません。日本政府は巨額の財政赤字を抱えていて、日本の円で資産を持つことはリスクが高いかも知れません。このため、日本銀行や財務省を退職したOB達は退職金で、ドルや金を購入しているという話は、このブログで繰り返ししてきました。このリスクを避けるためには、できるだけ円や日本政府から離れた場所に資産を保管しておきたいのです。最も危険なのは、日本の金融機関に円で補完することで、できるだけ安心したいのなら、アメリカ国籍を取得してアメリカの金融機関でアメリカの銘柄を保有することでしょう。アメリカ国籍はなかなか取得できませんから、せめて金融商品だけでもアメリカ国籍のものを持っていたいと思います。

VYMの翻訳

世界最大級の資産運用会社であるバンガード社の日本法人(バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社)が2021年2月28日をもって廃業しました。その結果、日本語版のETFの商品説明をやめてしまったので、英語版を日本語に翻訳してその内容を確認します。

製品概要

  • 高配当利回を特徴とする企業の普通株の投資収益率を測定するFTSE®高配当利回り指数のパフォーマンスを追跡しようとします。
  • 平均以上の配当利回りが予測される株式のパフォーマンスを追跡するための便利な方法を提供します。
  • 受動的に管理された完全レプリケーションアプローチに従います。

ETFのデータ

  • 資産クラス:国内在庫-一般
  • カテゴリー:ラージ・バリュー
  • IOVティッカーシンボル:VYM.IV
  • 経費率:2021年2月26日現在 0.06%
  • CUSIP:921946406
  • ETFアドバイザー:バンガードエクイティインデックスグループ

価格と利回り

  • 市場価格:2022年1月19日現在 $ 112.19
  • NAV:2022年1月19日現在   $ 112.18
  • 30日間のSEC利回り:2021年12月31日現在 2.66%B
  • プレミアム/ディスカウント:$ 0.08

リスクの可能性

リスクレベル4

中程度から積極的なファンド

中程度から積極的と分類されるバンガード ファンドは、幅広く分散されていますが、実質的にすべての資産を普通株で保有しているため、株価の大きな変動の影響を受けます。 これらのファンドは、長期的な投資期間 (10 年以上) を持つ投資家に適している可能性があります。

パフォーマンス

平均年間収益 2021年12月31日現在

1年間 3年間 5年間 10年間 2006年11月10日設定以来
バンガード 米国高配当株式ETF 26.14% 16.58% 11.67% 12.99% 8.80%
FTSE High Dividend Yield Index (ベンチマーク) 26.19% 16.62% 11.71% 13.06% 8.89%

10,000ドルの仮想成長 2021年12月31日現在

⇒10年前に1万ドルを投資すると、3万4千ドルに増えていたことになります。VOO等は4万5千ドルに増えているので、高配当という部分にだけ目を向けるのではなく、株価の上昇にも留意すべきです。結論としてはVYMは、あまりお買い得ではなさそうです。

ポートフォリオ構成 株式セクターの分散化

セクター 高配当 ETF 2021年12月31日現在 FTSE 高配当インデックス2021年12月31日現在 (ベンチマーク)
素材   4.40%   4.40%
一般消費財・サービス   8.60%   8.60%
生活必需品 13.20% 13.20%
エネルギー   6.90%   6.90%
金融 21.20% 21.20%
ヘルスケア 13.10% 13.00%
資本財・サービス   9.80%   9.90%
不動産   8.10%   8.10%
情報技術   6.50%   6.50%
公益事業   8.20%   8.20%

特徴 2021年12月31日現在

  • 株式数:412
  • 純資産合計に資金を供給する:546億ドル
  • 上位10銘柄の純資産割合:24.3%
  • 外国の持ち株:0.0%

月末の持ち株 2021年12月31日現在

1.JPMorgan Chase&Co。     3.30%
2.ジョンソン・エンド・ジョンソン 3.20%
3.Home Depot Inc.          3.10%
4.Procter&Gamble Co.        2.80%
5.ファイザー株式会社       2.30%
6.Bank of America Corp.      2.30%
7.Cisco Systems Inc.         1.90%
8.Broadcom Inc.           1.90%
9.Exxon Mobil Corp.          1.80%
10.PepsiCo Inc.          1.70%

カテゴリーETF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。