オーストラリア株式ETF2022年11月

新大陸への投資

SPDR社のオーストラリア株式ETF(S&P/ASX200)分配金支払いのお知らせが届きました。オーストラリアは、日本やヨーロッパのような旧大陸ではなく、新大陸なので将来性があると考えて投資しています。しかし、最近は豪中関係がギクシャクしているので、以前ほど業績は良くありません。

最近1年間の分配率は6.74%ですから非常に高いのですが、8月の分配金が高かった影響です。

交付日 株価(ドル) 配当等単価(ドル) 分配率(%)
20/1/16 62.11 0.6007 0.97%
20/4/17 49.72 0.4724 0.95%
20/7/16 60.109 0.10966 0.18%
20/10/13 59.649 0.42968 0.72%
21/1/14 63.95 0.38203 0.60%
21/4/15 65.65 0.51734 0.79%
21/7/16 67.24 0.54307 0.81%
21/10/13 67.35 1.05661 1.57%
22/1/14 68.35 0.46577 0.68%
22/4/13 69.47 0.7191 1.04%
22/7/13 59.89 1.94014 3.24%
22/10/17 60.38 1.07948 1.79%

円キャリー取引後の困難を乗り越えて

アメリカの相場のチャートは見る機会が多いのですが、オーストラリアはそのチャンスがあまりありません。下記のチャートは2006年来のオーストラリア全体の株式相場を表しています。2006年頃は、アメリカではサブプライムによって住宅バブルが起き、オーストラリアでは、中国向けの石炭輸出などが盛んだった時期です。観光業に就いていた労働者が石炭などの露天掘りに転職して、観光業が人手不足でした。金利が高かったので、日本で資金を調達してオーストラリアで運用する円キャリーが盛んでした。その後、リーマンショックで株が暴落しましたが、10年以上かけて株価は上昇しました。オーストラリアの分配率は通常3%台ですからトータルリターンは高く、世界分散投資する場合には、ポートフォリオに数%入れても良い銘柄だと思います。

SPDR社のデータを見てみましょう

純資産総額:$4,729.59(百万豪) 2022年11月17日現在 ⇒4,435億円
総経費率:0.13% p.a. ⇒アクティブファンドは1%前後ですから安い

主な特徴

  • S&P®/ASX200指数の値動きに、経費控除前ベースで概ね連動する投資成果を追求します。
  • 15年以上のトラックレコードを有するオーストラリアにおける最初のETFです。
  • オーストラリア株式市場の90%以上(時価総額ベース)をカバーする高度な分散投資が、容易かつ低コストで実現でき、ポートフォリオのリスク低減に寄与することを期待できます。
  • 様々な業種に分散されたオーストラリア企業200社の成長機会を享受することを目指します。
  • 配当の分配は四半期毎に行われます。

ベンチマークについて

S&P/ASX200指数は、オーストラリア株式市場の投資可能なユニバースを表すベンチマークとして認識されています。同指数は、オーストラリア証券取引所に上場する適格銘柄から構成され、時価総額上位200銘柄のパフォーマンスを計測する浮動株調整後時価総額加重平均型の指標であり、オーストラリアの株式市場を代表する流動性に優れた指数です。

ファンド特性 2022年11月17日現在

時価総額加重平均:$72,400.46(百万豪)
3-5年予想一株当たり利益(EPS)の成長率:2.67%
配当利回り:4.55%
株価収益率:12.65
予想株価収益率(PER):13.98
株価キャッシュフロー倍率(PCFR):7.83
株主資本利益率 (ROE):17.54%
時価総額:$2,205,763.30(百万豪)
組入銘柄数:204

インデックス特性  2022年11月17日現在

時価総額加重平均:$72,440.03(百万豪)
3-5年予想一株当たり利益(EPS)の成長率:2.66%
配当利回り:4.55%
株価収益率:2.69
予想株価収益率(PER):13.96
株価キャッシュフロー倍率(PCFR):.84
株主資本利益率 (ROE):17.57%
時価総額:$2,204,246.00(百万豪)

運用実績 2022年10月31日現在

設定日: 2001年08月24日
インデックス設定日: 2000年04月03日

ファンド・トータル・リターン

  • 基準日      1年間  3年間 (p.a.) 5年間 (p.a.) 設定来 (p.a.)2001年08月24日
  •  2022年10月31日  -2.00%  4.82%   7.09%    7.65%

運用実績の推移 2022年10月31日現在

  • $10,000から投資を開始した場合の推移: SPDR® S&P®/ASX 200 ファンド
  • 設定日: 2001年08月24日
  • 通貨: AUD
  • ⇒21年で4.8倍になりました。

ファンドの組入上位銘柄 2022年11月17日現在

銘柄名       保有比率
Bhp Group Ltd    10.48%
Cmnwlth Bk Of Aust   8.52%
Csl Ltd         6.68%
Natl Australia Bk    4.62%
Westpac Bkg Corp   3.84%
Aust & Nz Bank Grp   3.43%
Woodside Energy Gr  3.40%
Macquarie Gp Ltd    3.06%
Wesfarmers Ltd     2.54%
Telstra Group Ltd     2.13%

業種            保有比率
金融          28.77%
素材          24.16% ⇒ 天然資源が豊富
ヘルスケア       9.93%
一般消費財・サービス  6.43%
エネルギー       6.33%
不動産         6.02%
資本財・サービス    5.70%
生活必需品       4.76%
コミュニケーション・サービス 3.72%
情報技術        2.71%
公益事業        1.46%

カテゴリーETF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。