早期退職者の後悔、世界のクルーズ船

早期退職をあこがれている人にとって、20代にやってはいけないことは何でしょうか。

2023年10月21日のCNBC makeitの記事を読んで見ましょう。以下は拙訳です。

53-year-old early retiree: 3 things I regret doing in my 20s—‘I wasted too much time and effort trying to be exceptionally original’


53歳の早期退職者:20代にしたことを後悔している3つのこと-「特別に独創的であろうとするあまり、時間と労力を無駄にしすぎた」

早期リタイアを目指すなら、切り詰めた時間軸の中で一定の純資産を目指すことになるため、金銭的なミスを犯す余地はあまりない。

大きな投資をしても報われなかったり、不必要な大きな買い物をしてしまったりすると、せっかくの計画が頓挫し、仕事を辞める計画が遅れてしまうかもしれない。

アレックス・トリアス氏は、綿密な計画を立てることで、41歳にリタイアするまでの道のりでそのような挫折を避けることができた。

「20代でお金を使ことは、あまりしなかったので後悔はありません」とトリアス氏はCNBC Make Itに語っている。

元税理士の彼は、6桁の給料をもらっていたが、退職前の出費を抑えるために、ディスカウントショップで服を買い、公共交通機関を利用し、家の家具は最低限に抑えていたという。

しかし、もっと早く学べばよかったという後悔もある。以下は、トリアス氏が20代に後悔した3つのことと、同じような失敗を避けるためのアドバイスである。

1.「 特別に独創的」であろうとしたこと

キャリアにおいても、個人的な金銭感覚においても、トリアス氏は、常識から逸脱しようとすることは必ずしも価値がないことを学んだ。

「20代の頃は、並外れた能力を発揮することとは対照的に、並外れた独創性を発揮しようとするあまり、あまりにも多くの時間と労力を浪費しました」と彼は言う。

この教訓は、法律家としてのキャリアの初期に、牡蠣の殻剥きに喩えた恩師から学んだ: トリアスの仕事はできるだけ多くの牡蠣の殻を剥くことであり、真珠を探していると想像したほうが楽しいかもしれないが、「牡蠣の殻を剥くことだけに集中したほうがずっと楽だ」。

トリアスは仕事の中で、”ベストプラクティス “がそう呼ばれるのには理由があることに気づいた。トリアスは、目立つことでしか出世できない、あるいは過去の戦術を再構築することでしか出世できないという考えを持っていた。しかし、「壊れていないなら、直してはいけない」という古い格言は、あなたが思っている以上に頻繁に当てはまるものなのだ。

2. 一貫性よりもタイミングが重要だと考える

「私の経済的な最大の後悔は出費ではなく、考え方だった」とトリアス氏は言う。「以前は、安値で投資して、待って、高値で売ることばかり考えていました。このような精神的枠組みが引き起こした不安と浪費は、説明しきれません」。

市場のタイミングを計るよりも、トリアスは貯蓄と投資を習慣化することを勧める。

「世界経済がどうなろうと、株価が割高だと思おうと、給料をもらうたびに貯蓄と投資を繰り返すという、ほとんど無心に近い習慣が効果的です」。

日常的に投資をしている投資家にとって、投資について常に気を配り、心配し続けることは時間とストレスに見合わないとトリアス氏は言う。

「毎月、あるいは毎年、(純資産に)注意を払おうとするのは、おそらく逆効果だと思います」とトリアス氏は言う。「最終的な結果ではなく、自分が形成している習慣に集中しましょう」。

3. 自分のニーズを過大評価する

彼と彼の家族が初めて海外に移住したとき、トリアスは、物質的にも小遣い的にも、生活していくのに必要なものがいかに少ないかを知って驚いたと言う。

「幸せになるためには、寝室が4つ必要だと思っていました。」

ありがたいことに、少ないお金で幸せに暮らせると気づくのに時間はかからなかった。

「もっと合理的な暮らし方をして半年ほどで、そんなものは必要ないだけでなく、実はいらないことがわかったんだ。リタイアするために必要だと思っていたものに近いものは必要ないのです」と彼は言う。

あなたは違うかもしれない。あなたの考える快適な老後とは、専属のシェフを雇う余裕があることかもしれないし、毎食レストランで食事ができることかもしれない。

若いうちに、自分が実際にどんな老後を送りたいかを考え、そのために何が必要かを考えてみよう。思っていたより簡単かもしれない。


リタイヤ後にはクルーズ船に乗って楽しみたいと思っている人もいるでしょう。

世界のクルーズ会社トップ4を2023年10月21日CNBC makeitの記事で見てみましょう。以下は拙訳です。

These are the top 4 cruise lines in the world, according to travelers


旅行者に聞いた世界のクルーズ会社トップ4はこれだ

クルーズ業界は順風満帆のようだ。

コンデナスト・トラベラーの10月の調査では、47%の人が船旅に興味があると答えている。

クルーズ・ラインズ・インターナショナル・アソシエーションの最近の報告書によると、クルーズ旅行は最も急成長している観光分野のひとつとなっている。

「コンデナスト・トラベラー」誌は、2ヶ月間にわたる読者アンケートをもとに、以下のようないくつかのカテゴリーで評価し、お気に入りのクルーズ会社のランキングを発表した:

サービス
食べ物
宿泊施設
持続可能性

クルーズは100点満点で採点された。メガ客船は乗客数4,000人以上、大型客船は乗客数2,500人から4,000人と定義された。

2023年のベストクルーズライン

ベスト・メガシップ

  1. ノルウェージャンクルーズライン:86.72
  2. ロイヤル・カリビアン・インターナショナル:86.69
  3. カーニバルクルーズライン:85.35
  4. MSCクルーズ:83.42

ノルウェージャンクルーズラインが今年のトップクルーズにランクインした。

クルーズ・マーケット・ウォッチによると、乗客数で世界第3位のクルーズ会社である。2021年現在、世界のクルーズ市場の約8.6%を支配している。

2023年8月現在、ノルウェージャン・クルーズ・ラインは19隻のクルーズ船を運航し、カリブ海に2つのプライベート・アイランド(ベリーズのハーベスト・キーとバハマのグレート・スティラップ・ケイ)を所有している。

ロイヤル・カリビアン・インターナショナルが世界第2位のクルーズ会社にランクインした。

2022年現在、このクルーズラインは26隻の客船と2つの個人所有のリゾートを運営している: ハイチ北岸のラバディとバハマのプライベートアイランド、ココ・ケイだ。

2019年、ロイヤル・カリビアン・インターナショナルは南太平洋にプライベート・アイランドをオープンする計画があると発表した。

ベスト・ラージシップ

  1. ヴァージン・ヴォヤージュ 94.07
  2. ディズニー・クルーズライン:92.21
  3. キュナード:89.55
  4. プリンセス・クルーズ:89.42
  5. セレブリティ・クルーズ:88.57
  6. コスタクルーズ:87.95
  7. ホーランドアメリカライン:87.79
  8. ノルウェージャンクルーズライン:86.41
  9. ロイヤル・カリビアン・インターナショナル:84.31
  10. MSCクルーズ:83.77

ヴァージン・ボヤージュは大型客船部門でトップにランクされた。設立はわずか8年前。

現在3隻の客船を所有し、大人限定のクルーズを展開している。カリブ海、ヨーロッパ、南太平洋の人気スポットに就航している。U.S. News and World Reportによると、ヴァージン・ボヤージュはコストパフォーマンスの高いクルーズ会社の第1位にランクされた。

ディズニー・クルーズラインは92.21点を獲得し、2位にランクインした。

クルーズ・マーケット・ウォッチによると、ディズニー・クルーズラインは現在5隻の客船を運航しており、2021年時点の市場シェアは乗客数で2.2%、売上高で2.7%だった。

ディズニー・クルーズ・ラインはバハマのプライベート・アイランド、キャスタウェイ・ケイも所有している。U.S. News and World Reportによると、ディズニー・クルーズ・ラインは、船の大きさに関係なく、乗客3人に対して約1人の乗組員を配置している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d