VOO 分配金2019年3月

◎今日のテーマ:VOO 分配金2019年3月27日

VOOは年4回の分配金

野村證券からVOO(バンガード社のS&P500のETF)の「分配金支払いのお知らせ」が届きました。単位あたり分配金は1.4551ドルですから、1株とすると、259.54ドルで割って、0.56%です。

1年1.97%

最近1年間では1.97%です。棒グラフの青色が最近1年間、緑色の2本が1年前の2期分です。分配金が増えていることが分かります。分配金については、USMMFで受け取って、ある程度溜まったところで、VWOなどを追加購入する予定です。

月日 1月9日 4月3日 7月6日 10月4日 12月26日 3月29日
分配金(2018-2019年) 0.46% 0.42% 0.45% 0.46% 0.50% 0.56%

遺言

VOOはウォーレンバフェットが、自分の死後に相続人である家族が、相続財産の9割を運用する商品として推奨しています。

VOOの現状

2019年4月1日時点の資産総額は、1,089億ドルですから約12兆円です。

トータルリターンは、以下の通りです。

1年トータルリターン 3年トータルリターン 5年トータルリターン
10.66% 13.66% 10.96%

経費率は、0.04%です。

投資信託組入れ上位銘柄は以下の通りです。

名称 ファンドの割合(%)

マイクロソフト

3.68

アップル

3.32

アマゾン・ドット・コム

2.87

フェイスブック

1.65

バークシャー・ハサウェイ

1.61

ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)

1.56

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー

1.48

アルファベット Class C

1.47

アルファベット Class A

1.43

エクソンモービル

1.42

投資アプローチ

• S&P500指数のパフォーマンスへの連動を目指します。
• 大型株を投資対象とします。
• 完全法を用いたパッシブ運用です。
• ファンドはフルインベストメントを維持します。
• 低経費によってトラッキングエラーを最小限に抑えます。

ベンチマークについて

• S&P500指数は、米国大型株が大部分を占めている米国株式市場のパフォー
マンスを表すベンチマークとして、広く知られています。
• 米国の主要業種を代表する500銘柄で構成されています。

主なデータ

以下の通りです。株価収益率は、16.3%なので、少し高めではありますが、極端に高い数字ではなさそうです。

項目 バンガード・S&P 500 ETF
構成株式銘柄数 509
時価総額の中央値 991億米ドル
株価収益率 16.3倍
株価純資産倍率 2.8倍
株主資本利益率 16.3%
利益成長率 8.0%
米国株以外の株式 0.0%
売買回転率2 3.0%
標準偏差3 11.0%
カテゴリーETF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です