若い人のポートフォリオ2019年10月

私の子供(20代)の毎月の積み立ての状況です。

企業型確定拠出年金(DC)を2万円、つみたてNISAをSBI証券で33,300円ずつ積み立てています。iDeCoは、会社の規定によって積み立てることができません。iDeCoは、こんな点が複雑で分かりにくいので早く改正してほしいと思います。

  • 企業型確定拠出年金(DC)のファンドの名称は「 みずほ信託銀行 外国株式インデックスファンド」です。自由に選べるのであれば、つみたてNISAと同じ<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドが、信託報酬が低いという理由で望ましいのですが、会社が扱っていないのでみずほ信託の商品を選びました。
  • ファンドの目的は、確定拠出年金制度専用ファンドで、日本以外の世界の主要国の株式に分散投資し、リスクを抑えつつ信託財産の長期的な成長を目指します。
  • 設定日は、2002年 5月 7日です。
  • 基本的性格は、日本以外の世界の先進国の株式市場の価格指数であるMSCI KOKUSAIインデックスに連動する収益を目指します。
  • 信託報酬は、純資産総額に対して年率 0.143%(税抜 0.13%)を乗じた額です。

つみたてNISA

つみたてNISAは、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドです。

ファンドの目的:

「ニッセイ外国株式インデックスマザーファンド」を通じて、実質的に日本を除く主要先進国の株式に投資することにより、MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目標に運用を行います。

各種経費

購入時および換金時の手数料は無料です。 購入時の購入時手数料および換金時の換金時手数料、信託財産留保額はありません。

 

ファンドの仕組み:

ファンドは「ファミリーファンド方式」で運用を行います。ファミリーファンド方式とは、投資者からの資金をまとめてベビーファンドとし、その資金をマザーファンドに投資して、その実質的な運用をマザーファンドで行う仕組みです。

2013年の設定で、基準価格は6年間で1.6倍になりました。純資産は1385億円です。

組入上位10銘柄は次の通りです。(銘柄数:1316)

名称 ファンドの割合       (%)
アップル               2.7
マイクロソフト              2.7
アマゾン・ドット・コム           1.9
フェイスブック               1.1
アルファベット (C)            1.0
JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー       1.0
アルファベット (A)             1.0
ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)        0.9
ネスレ               0.9
プロクター・アンド・ギャンブル   0.8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です