VOO vs. VFIAX: 何が違うか? 1

S&P500のインデックスファンド

バンガード社のS&P500のインデックスファンドには、VOOとVFIAXの2種類があります。上場されているのがVOO、されていないのがVFIAXです。その違いについて確認します。

ウォーレン・バフェット

伝説の投資家ウォーレン・バフェットは、2014年の株主への手紙の中で、自分の死後、妻が相続する財産の被信託人は、90%のお金をS&P500のインデックスファンドに、10%のお金を短期国債にするように指示した、と書きました。

10%を短期国債、90%をS&P500インデックスファンド

「被信託人へのアドバイスは、これ以上単純なものはないというものです:お金の10%を短期国債に、90%を非常に低コストのS&P500インデックスファンドにしなさい。この方針から長期で得られる結果は、高い手数料のファンド・マネージャーを雇用するほとんどの投資家――年金基金、機関、個人――から得られる結果を上回ると信じています。」

アメリカ全体の株式時価総額の約80%をカバー

これから分かることは、バフェットがS&P500を強く支持しているということですが、このS&P500という株式市場のインデックスは、アメリカで上場されている上位500の規模の会社であり、アメリカ全体の株式時価総額の約80%をカバーしています。

投資家によって得られるリターンを上回る

バフェットは、S&P500と短期国債を90:10に配分すると、「高い手数料を取るファンドマネージャーを雇用する」ほとんどの投資家によって得られるリターンを上回るだろうと、手紙の中で言っています。

プロテゲ・パートナーズとの賭け

バフェットが、どれほどS&P500を好きかについて公にしたのはこれが最初ではありません。2007年、ウォーレン・バフェットは、アセット・マネジメント会社のプロテゲ・パートナーズと、今後10年間でアクティブ運用のヘッジファンド・グループよりS&P500が良い成績を出すという賭けをしました。

S&P500インデックスファンドに投資した方が良い

アメリカ株式市場でもっともよい成績のアクティブファンドより、低コストのS&P500インデックスファンドに投資した方が、どれほ良いかを証明したかったのです。

5ファンドとの賭け

下の表は、バークシャー・ハザウェーの年次の手紙によるもので、プロテゲが選んだ5個の「ファンドの中のファンド」とS&P500の、この10年間の年次成績を表しています。赤字は負けた年。負けたのはリーマンショックの2008年と、チャイナショックの2015年です。大きく株価が変動するときには勝てないようです。

Fund-of-Funds A Fund-of-Funds B Fund-of-Funds C Fund-of-Funds D Fund-of-Funds E S&Pインデックスファンド
2008 -16.5% -22.3% -21.3% -29.3% -30.1% -37.0%
2009 11.3% 14.5% 21.4% 16.5% 16.8% 26.6%
2010 5.9% 6.8% 13.3% 4.9% 11.9% 15.1%
2011 -6.3% -1.3% 5.9% -6.3% -2.8% 2.1%
2012 3.4% 9.6% 5.7% 6.2% 9.1% 16.0%
2013 10.5% 15.2% 8.8% 14.2% 14.4% 32.3%
2014 4.7% 4.0% 18.9% 0.7% -2.1% 13.6%
2015 1.6% 2.5% 5.4% 1.4% -5.0% 1.4%
2016 -3.2% 1.9% -1.7% 2.5% 4.4% 11.9%
2017 12.2% 10.6% 15.6% N/A 18.0% 21.8%
最終リターン 21.7% 42.3% 87.7% 2.8% 27.0% 125.8%
年平均リターン 2.0% 3.6% 6.5% 0.3% 2.4% 8.5%

S&P500完勝

S&P500は全体としてこれらのファンドを完全に打ち負かしました。バフェットが予想した通り、低コストのS&P500インデックスファンドに単純に投資することによって、ウォール・ストリートで最も頭い良いアクティブファンドのマネージャーよりも良い成績を収めたのです。

どのS&P500のファンドに投資するか

もし、バフェットのアドバイスに従って、低コストのS&P500インデックスファンドに投資したいのであれば、決定しなければいけないことは、どのS&P500のファンドに投資するかということだけです。

バンガード社

大手の金融機関であればどこでも(フィデリティ、チャールズ・シュワブ、メリル・リンチなど)、このタイプのインデックスファンドに投資することが可能ですが、私自身はバンガード社を使っていますので、投資家が利用できる二つの選択肢について書きます。

VOO:Vanguard S&P 500 ETF
VFIAX : Vanguard S&P 500 Index Fund Admiral Shares

以下は両ファンドの概要です。

VOO VFIAX
Fund Type Exchange Traded Fund (ETF) Mutual Fund  投資信託
Expense Ratio 信託報酬 0.03% 0.03%
Investment Category Large Blend Large Blend
Minimum Investment The price of one share $3,000

御覧のように、両ファンドとも信託報酬は0.03%で、同じです。すなわち、どちらのファンドであれ、もし10,000ドルを投資すれば、管理費用として毎年3ドルを払うことになります。

(注)FVIAXは日本では通常、ほとんどの証券会社で扱っていません。一方でSBI証券では「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」を販売していて、100円以上1円単位で買うことができます。

<明日に続く>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です