バンガード Vanguard S&P 500 ETF (VOO) 2021年6月

世界最大級の資産運用会社であるバンガード社の日本法人(バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社)が2021年2月28日をもって廃業しました。その結果、日本語版のETFの商品説明をやめてしまったので、英語版を日本語に翻訳してその内容を確認します。

⇒ は、私のコメントです。

Vanguard S&P 500 ETF (VOO)

製品概要

  • 米国最大の企業 500 社を代表する S&P 500 インデックスの株式に投資します。
  • 目標は、インデックスのリターンを厳密に追跡することです。このインデックスは、米国株全体のリターンの尺度と見なされます。
  • 投資成長の高い可能性を提供します。 株の価値は、債券を保有するファンドよりも急激に上下します。
  • お金の成長が不可欠なので、長期的な目標により適しています。

ETFの概要

  • 資産クラス:国内在庫 – 一般
  • カテゴリー:ラージブレンド
  • IOV ティッカー:VOO.IV
  • 経費率:2021 年 4 月 29 日現在 0.03% ⇒ 極めて低い

価格推移 ⇒ ブルームバーグのデータです

市場価格は、ニューヨーク証券取引所の営業日の終値 (通常は東部標準時午後 4 時) の入札価格と希望価格の中間点によって決定されます。

Vanguard ETF® 株式は、数百万ドルに相当する非常に大規模な取引以外では、発行ファンドで償還することはできません。 代わりに、投資家は流通市場でバンガード ETF 株式を売買し、証券口座でそれらの株式を保持する必要があります。 そうすることで、投資家は仲介手数料を負担する可能性があり、購入時には純資産価値よりも多く支払い、売却時には純資産価値よりも少ない金額を受け取る可能性があります。

リスクの可能性

リスクレベル4

中程度から積極的なファンド

中程度から積極的と分類されるバンガード ファンドは、幅広く分散されていますが、実質的にすべての資産を普通株で保有しているため、株価の大きな変動の影響を受けます。 これらのファンドは、長期的な投資期間 (10 年以上) を持つ投資家に適している可能性があります。

10,000ドルの仮想成長 ⇒ 10年で4倍近くに成長

Vanguard ETF® の重要なパフォーマンス情報

表示されているパフォーマンス データは過去のパフォーマンスを示しており、将来の結果を保証するものではありません。 投資収益と元本価値は変動するため、投資家の株式は、売却された場合、当初の価格よりも価値が高くなったり低くなったりします。 現在のパフォーマンスは、引用されているパフォーマンス データよりも低いか高い場合があります。 直近の四半期末時点の標準化されたリターンや、その費用や手数料など、ETF のパフォーマンスの詳細をご覧ください。

セクター S&P 500 ETF S&P 500 Index (Benchmark)
as of 04/30/2021 as of 04/30/2021
コミュニケーション・サービス 11.2% 11.2%
一般消費財・サービス 12.7% 12.7%
生活必需品 6.0% 6.0%
エネルギー 2.7% 2.7%
金融 11.4% 11.4%
ヘルスケア 12.8% 12.8%
資本財・サービス 8.7% 8.7%
情報技術 26.7% 26.7%
素材 2.7% 2.7%
不動産 2.5% 2.5%
公益事業 2.6% 2.6%

セクター カテゴリは、グローバル産業分類標準システムに基づいています。

特徴 2021 年 4 月 30 日現在

株数:507
ファンド純資産総額:7,315億ドル
上位10社の純資産:28.0%
外国の持ち株:0.0%

平均年間収益 — 毎月更新
2021 年 5 月 31 日現在

1年 3年 5年 10年
2010/9/7当初から
S&P 500 ETFの市場価格 40.12% 17.96% 17.13% 14.35% 15.68%
S&P 500 ETF NAV 40.29% 17.97% 17.13% 14.35% 15.68%
S&P 500 インデックス (ベンチマーク) 40.32% 18.00% 17.16% 14.38% 15.72%

Rank/holdings Percentage
1 Apple Inc. 5.80% ⇒上位6社はGAFAMT
2 Microsoft Corp. 5.30%
3 Amazon.com Inc. 4.20%
4 Alphabet Inc. 3.90%
5 Facebook Inc. 2.20%
6 Tesla Inc. 1.50%
7 Berkshire Hathaway Inc. 1.50% ⇒ バフェット
8 JPMorgan Chase & Co. 1.30%
9 Johnson & Johnson 1.20%
10 Visa Inc. 1.10%
上位10銘柄合計シェア:純資産総額の 28.00%

バンガードのETFを選ぶ

自信を持って投資判断を下すために必要なすべての情報を入手してください。4つのETFだけで完全に分散されたポートフォリオを構築

数十の ETF の中から選択できますが、これら 4 つの市場全体の ETF は、組み合わせて使用すると、米国および国際的な株式および債券市場のほぼすべての側面をカバーします。 このレベルの分散は、ポートフォリオの管理を容易にすると同時に、全体的な投資リスクを軽減するのに役立ちます。

  • バンガード・トータル・ボンド・マーケットETF(BND)
  • バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)
  • バンガード・トータル・インターナショナル・ボンドETF(BNDX)
  • バンガード・トータル・インターナショナル・ストックETF(VXUS)

⇒内外の債券、内外の株式に分散投資

カテゴリーETF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です