投資の銘柄選び 5

<昨日からの続き>

コストを信託報酬で見るのは簡便法

低コストインデックスファンドを選ぶときに参考となるのが信託報酬ですが、実は簡便法でしかなく、実際のコストはこれと異なっています。その事情を、『【2021年 最新版】「インデックスファンド」コスト比較ランキング!信託報酬・実質コストがもっとも安いファンドは?【2021年6月5日更新】』に基づいて勉強しています。

日本のインデックスファンドの実質コストは信託報酬に近い

昨日までは先進国株式、全世界株式のインデックスファンドを見ましたが、今日は国内のファンドです。国内のインデックスファンドは、外国と異なり、順位にほとんど入れ替わりがありません。

信託報酬0.2%以下、純資産総額1000億円以上

私がインデックスファンドを選ぶ基準は、信託報酬が0.2%以下、純資産総額が1000億円以上なので、信託報酬に関しては上位7銘柄が基準をクリアーしていますが、純資産総額はすべて落選という結果になりました。

インデックスファンドはETFより高コスト

また、ETFとの比較では、1306(TOPIX連動型上場投資信託(ETF))の信託報酬が0.06%台という安さですから、数万円以上の単位で買うのであれば、インデックスファンドでなくETFを買った方が低コストで投資できます。純資産総額が外国株式インデックスファンドに比べて小さいままなのは、その辺りの理由もあるのかもしれません。

毎月定額積立ならインデックスファンド

なお、数千円単位で購入したり、毎月定額を積み立てる場合にはETFでなくインデックスファンドを利用することになりますが、その場合には、第8位以下の銘柄は、信託報酬(税込み) 、実質コスト(税込)ともに0.4%以上ですから、避けるべきだと思います。

日本株式(TOPIX型)インデックスファンド実質コスト・信託報酬ランキング

実質コスト順 信託報酬順位 ファンド名 信託報酬(税込み) 実質コスト(税込) 純資産総額(億円)
1位 1位 ニッセイTOPIX 0.154% 0.156% 405
2位 1位 eMAXIS Slim国内株式(TOPIX) 0.154% 0.160% 335
3位 1位 iFreeTOPIX 0.154% 0.162% 47
4位 1位 Smart-i TOPIX 0.154% 0.166% 21
5位 5位 三井住友・DC日本株式 0.176% 0.187% 530
6位 6位 たわらノーロードTOPIX 0.187% 0.190% 31
7位 6位 i-SMTTOPIX 0.187% 0.193% 1
8位 8位 SMTTOPIX 0.407% 0.413% 197
8位 8位 日本株式インデックスe 0.407% 0.413% 33
10位 10位 野村(Funds-i)TOPIX 0.440% 0.445% 34
11位 10位 eMAXISTOPIX 0.440% 0.445% 149

実質コスト=信託報酬+α

TOPIX型と同様に日経平均型も、あまり順位に変動はありませんが、わずかながら実質コストが上回っています。純資産総額は1000億円を上回る銘柄はありません。

日本株式(日経平均型)インデックスファンド実質コスト・信託報酬ランキング

実質コスト順 信託報酬順位 ファンド名 信託報酬(税込み) 実質コスト(税込) 純資産総額(億円)
1位 1位 PayPay投信日経225 0.1430% 1
2位 2位 ニッセイ日経平均 0.1540% 0.157% 230
3位 2位 iFree日経225 0.1540% 0.162% 209
3位 2位 eMAXIS Slim国内株式(日経平均) 0.1540% 0.162% 121
5位 5位 たわらノーロード日経225 0.1870% 0.193% 439
6位 5位 i-SMT日経225 0.1870% 0.194% 3
6位 5位 野村つみたて日経株 0.1870% 0.194% 81
8位 5位 Smart-i日経225 0.1870% 0.213% 28
9位 9位 日経225インデックスe 0.2090% 0.216% 13
10位 11位 SMT日経225 0.4070% 0.415% 269
11位 10位 iシェアーズ国内株式 0.3575% 0.426% 39
12位 12位 野村(Funds-i)日経225 0.4400% 0.447% 461
12位 13位 eMAXIS日経225 0.4400% 0.447% 337

日本債券

最後に日本の債券インデックスファンドのランキングを見ましょう。これも信託報酬と実質コストの違いはあまり大きくありません。しかし、現在のような超低金利の時代には、債券、特に日本の債券は魅力がありませんから、他の資産に投資すべきだと思います。

日本債券 インデックスファンド実質コスト・信託報酬ランキング

実質コスト順 信託報酬順位 ファンド名 信託報酬(税込み) 実質コスト(税込) 純資産総額(億円)
1位 1位 ニッセイ国内債券 0.132% 0.133% 83
2位 1位 eMAXIS Slim国内債券 0.132% 0.135% 131
3位 1位 iFree日本債権 0.132% 0.137% 31
4位 1位 Smart-i国内債券 0.132% 0.142% 12
5位 5位 たわらノーロード国内債券 0.154% 0.155% 182
6位 6位 三井住友日本債券 0.176% 0.178% 781
7位 7位 iシェアーズ国内債券 0.297% 0.331% 9
8位 8位 日本債券インデックスe 0.407% 0.412% 17
9位 8位 SMT国内債券 0.407% 0.413% 289
10位 10位 野村(Funds-i)国内債券 0.440% 0.442% 30
11位 10位 eMAXIS国内債券 0.440% 0.443% 88

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です