リタイア後に10万ドルの収入を確保する方法

10万ドルは1,440万円

今日のテーマとなっている10万ドルというのは、日本円に換算して、今年の3月には1,150万円でしたが、今は1,440万円に増えました。この年収の人は、厚労省のデータによると、日本全体の4.3%しかいないレベルです。アメリカ人は豊かになり、日本人が貧しくなったのを痛感します。まるで昭和20代、30年代に戻ってしまったようです。

2 所得の分布状況|厚生労働省

それでも気を取り直して、老後に10万ドルの年収を確保するためにはどうすればよいかを、ザ・アセントの2022年9月7日で勉強しましょう。


リタイア後に10万ドルの収入を得るために必要な貯蓄額はこれだ

老後の家計は不安だと思われるかもしれませんが、前もって計画を立てることが助けになります。

重要なポイント

退職の計画は早ければ早いほど、良い状態になる可能性が高い。
年間10万ドルの収入を得るには、200万ドル近くの投資が必要な場合があります。退職後の収入源は、ソーシャル・セキュリティ、年金、退職金だけではありません。今日から、別の収入源を考えることができます。

理想的な世界では、私たちは皆、スタイリッシュなリタイアをするのに十分なお金を手に入れることができます。毎年海外旅行に行くということではなく(それが夢なら話は別ですが)、生活費をまかないながら興味のあることをするのに十分なお金があるということです。この目標を達成するために必要な年収は、住んでいる地域や理想の老後像によって異なります。

そこで、毎年10万ドルの収入がある人がリタイアするためには、いくら必要なのかを考えてみました。ここでは、67歳でソーシャルセキュリティーの満額を受給してリタイアすると仮定します。そして、その人が現在の平均寿命である79歳を超え、85歳まで生きるとしましょう。その場合、リタイア後の生活設計は18年間となります。

ソーシャル・セキュリティ

2022年5月現在のソーシャルセキュリティーの退職金平均額は1,668ドルです。しかし、今回のシナリオの人は、リタイア後に年間10万ドル必要なので、現役時代にもう少し稼いでいたと考えてもよいでしょう。例えば、彼らが高収入の労働者で、現在ソーシャルセキュリティの給付金を月に3,000ドル受け取っているとしましょう。

3,000ドル×12=36,000ドルですから、希望の収入10万ドルから差し引くと、年間64,000ドルが不足することになります。

退職金計画

この退職者が、退職金制度から毎年4%ずつ引き出すという一般的なアドバイスに従った場合、さまざまな退職金制度やその他の収入を得るための投資で合計160万ドルが必要となります。

この退職者が総額160万ドルの口座から毎年64,000ドルを引き出すとすると、18年間で115万ドルを枯渇させることになります。80歳で亡くなった場合、448,000ドルが残る(単純に無利子と仮定して)。それ以上生きれば、さらに7年間、10万ドルの年収を維持することができます。

しかし……。

毎年4%の引き出しを25年間続けるのは、非現実的かもしれません。現在のインフレ率は高いのですが、1960年から2021年までの平均は年率3.8%ででした。安全のために4%に切り上げると、退職者は退職後1年目は退職金と投資で64,000ドルあれば大丈夫ですが、翌年はインフレに追いつくために66,560ドル必要ということになります。その翌年は69,222ドル、さらにその翌年は……といった具合に。定年退職した友人は、毎年、生活費を減らすか、定年退職後の貯蓄をより早く使い果たすかのどちらかです。

毎年10万ドルを受け取り続けたいのであれば、インフレを考慮して200万ドル近くを貯蓄する必要があるのです。

不完全なイメージ

このシナリオは、退職者が在宅看護師の介護を必要としたり、老人ホームに入居することはないという考えに基づいています。それはそれで一つの考えですが、最悪の事態を想定するのが最善です。退職者が現役時代に介護保険に加入しており、突然の病気で経済的に困窮することがないことを祈ります。

また、退職者の年齢が上がるにつれて、あまりお金を使わなくなり、退職金や投資からの引き出しが少なくなるということも考えられます。

要は、将来どうなるかはわからないということです。私たちの誰もができる最善のことは、定年退職の日が来るまでは、できる限り投資をすることです。

投資を最大限に活用する方法

重要なのは、常に若いうちから始めることです。そうすることで、複利が魔法をかけるのに必要な時間が得られます。若いうちに始めることが難しい場合は、今日から始めることが重要です。

歴史的に見ると、S&P500は毎年10%ずつ成長してきました。控えめに考えて、今後数十年間、投資が毎年7%ずつ成長すると想像してみましょう。また、年間1万2,000ドルを退職金に回すことができると想像してみましょう。開始する年齢によって、以下のようになります。

67歳で投資を開始した場合

25歳 $2,767,587
30歳 $1,924,049
35歳 $1,322,618
40歳 $893,806
45歳 $588,069
50歳 $370,083
55歳 $214,661
60歳 $103,848
出典:Investor.gov

どのようなシナリオでも難しいのは、すべての変数を考慮することが不可能なことです。この例では、年間10万ドルを希望していますが、あなたは6万ドルしか希望しないかもしれません。平均的なインフレ率は3.8%程度ですが、あなたがリタイアするときにはもっと高くなっているかもしれませんし、下がっているかもしれません。

もし、この数字に満足できないのであれば、年間拠出額を調整することを検討してください。毎年1%ずつ増やしていく人もいれば、現在の予算から何かを削って(あるいは副業を始めて)、毎月の資金を増やす人もいます。

今開発した受動的な収入源は、退職後の収入の糧にもなり得ます。何歳であろうと、定年退職がどれほど先のことであろうと、今から考えておくことが大切です。退職のための計画を立てれば立てるほど、個人の経済的な目標を達成する可能性が高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。