VOO (バンガードS&P 500 ETF ) ウォーレン・バフェットの賭け 上

現在、世界のETF市場の上位を占める銘柄ランキングは落ち着いてきました。

  1. SPY SPDR S&P 500 ETF Trust
  2. IVV iShares Core S&P 500 ETF
  3. VOO Vanguard S&P 500 ETF
  4. VTI Vanguard Total Stock Market ETF
  5. QQQ Invesco QQQ Trust $142,014,000.00 56,505,945

このうち第3位のVOOが発売されたのは2010年9月9日ですから、比較的歴史が浅い銘柄です。私と連れ合いは、最近ETFを購入する場合、VOO(バンガードS&P 500 ETF )ばかり買っています。その理由は、

  1. 低コスト
  2. バンガード社の経営方針が、顧客を最優先にしている
  3. 最も人気のある銘柄のひとつ
  4. ウォーレン・バフェットが自分の相続財産の運用銘柄に推奨している
  5. ウォーレン・バフェットがヘッジファンドと賭けをしてS&P500が勝った

です。5番目の賭けについて、Investopedia2019年6月25日の記事を読みましょう。以下は拙訳です。


バフェットがヘッジファンドと賭けたこと、そして勝者は…。

2008年、ウォーレン・バフェットは、ファンドのパフォーマンスが正当化できない法外な手数料を徴収していると考えるヘッジファンド業界に対して、挑戦状を叩きつけた。Protégé Partners LLCはこれを受け入れ、両者は100万ドルの賭けに出た。

バフェット氏はこの賭けに勝った、とテッド・サイデス氏は5月にBloombergの論説で書いている。2015年にファンドで退社したプロテジェの共同創業者は、2017年12月31日に予定されていたコンテストの締め切りを前に負けを認め、「どう考えてもゲームは終わったと書いている。私は負けたのだ」。

バフェットの最終的に成功した主張は、手数料、コスト、経費を含めて、S&P500インデックスファンドが10年間で厳選したヘッジファンドのポートフォリオをアウトパフォームするというものだった。この賭けは、パッシブ投資とアクティブ投資という2つの基本的な投資哲学を対決させるものだった。

ワイルド・ライド:荒っぽい投資

バフェット自身は典型的なアクティブ投資家かもしれないが、明らかに他の人は試すべきではないと考えている。彼は2017年2月22日付のバークシャー・ハサウェイ社(BRK.A、BRK.B)の株主に対する最新の書簡でそのように語っている。バフェットは、コンテストが終了したとき、誰がトップになるかは間違いないと自慢している。

彼の勝利は、いつもそれほど確実とは思えなかった。2008年1月1日にこの賭けが始まって間もなく、市場は暴落し、ヘッジファンドは得意のヘッジを発揮することができた。バフェットのインデックス・ファンドが37.0%の損失を出したのに対し、ヘッジファンドは23.9%であった。その後、バフェットは2009年から2014年まですべての年でプロテジェに勝ったが、累積リターンでヘッジファンドを引き離すには4年かかった

2015年、バフェットは2008年以来初めてヘッジファンドのライバルに遅れをとり、プロテジェの1.7%に対して1.4%の利回りを記録した。しかし、2016年はバフェットが11.9%、プロテジェが0.9%の利上げとなった。もう一度景気が悪くなれば、プロトジェに優位性が戻ることも考えられたが、そうはならなかった。2016年末時点で、バフェットのインデックスファンドの賭けは年率7.1%、総額854,000ドルを獲得したのに対し、プロテジェのピックは年率2.2%、総額でわずか220,000ドルの獲得にとどまった。

バフェット氏は株主宛ての手紙の中で、この賭けに参加したヘッジファンド・マネージャーは「誠実で知的な人々」だと信じていると述べ、しかし、「彼らの投資家に対する結果は悲惨なものだった-本当に悲惨なものだった」と付け加えた。そして、ヘッジファンドが一般的に採用している2&20の手数料体系(2%の運用手数料と利益の20%)は、しばしば「難解なちんぷんかんぷん」な見返りを提供するにもかかわらず、マネージャーは「報酬を浴びる」ことになると指摘したのである。

結局、サイデスはバフェットの主張の強さを認めた。「ヘッジファンドの手数料が高いというのは正しいし、その理由も説得力がある。投資において、手数料が重要であることは間違いない」。バフェットが選んだインデックスファンド(の経費率は、モーニングスターによるとわずか0.04%である。

バフェット氏は書簡の中で、金融「エリート」たちが低コストのインデックス・ファンドに手を出さないことで、過去10年間で1000億ドル以上を無駄にしたと推定しているが、その害は1%派にとどまらないとして、州年金制度がヘッジファンドに投資し、「その結果、資産の不足分は何十年も地方納税者が埋めなければならないだろう」と指摘している。

バフェット氏は、インデックスファンドの発明者であるバンガード・グループ社の創業者ジャック・ボーグルの銅像を建てるというアイデアも飛び出した。

<明日に続く>

カテゴリーETF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。