ウォーレン・バフェットの手紙のS&P500のトータルリターン 

◎今日のグラフ:S&P500のトータルリターン 1965~2017年

30%以上のトータルリターンは9回

ウォーレン・バフェットは、投資会社バークシャー・ハサウェイの株主に毎年手紙を出しています。そこにS&P500のトータルリターンが、1965年から記載されています。約50年間の最大の落ち込みは、リーマンショックのあった2008年の-37.0%でした。一方で30%以上を記録した年が9回ありました。約2割です。

年平均トータルリターン9.9%

一番右の紫の棒グラフは、年平均トータルリターンで、9.9%です。現在の銀行預金の大口定期の金利は0.01%ですから1000倍です。

全期間総合

グラフには書いてありませんが、表の一番下の総成長率 は1550.8%でした。つまり1ドルが52年後に1550.8ドルに増えたことになります。日本で考えれば、昭和40年の1万円が平成29年に1550.8万円になったということです。昭和40年の大学卒の初任給の平均は24,000円ですから、それをそのまま投資すれば、37,219,200円になった計算になります。現実には、税金やインデックスファンドが存在していなかったという理由で、それほどの金額にはなりませんが、かなり大きな額になったはずです。

S&P500とTOPIX

S&P500というのは、スタンダード&プアーズ  ファイナンシャル サービシーズ エル エル シーの株式インデックスです。ニューヨーク証券取引所やNASDAQに上場している500銘柄の時価総額比率の加重平均値です。日本でいえば、TOPIX東京株価指数です。従って、銘柄選択も、売り時も、買い時も考える必要のないものです。つまり、知識も経験も才能も不要な、だれにでも可能な投資です。代表的な商品は、SPY、IVV、VOOです。

1306、SPY、VOOを購入

私は2012年に1306(TOPIX連動型上場投資信託のETF)を、2015年にSPY(アメリカSPDRのS&P500のETF)を、2017年にVOO(バンガード社のS&P500のETF)を購入しました。

     年 S&P 500トータルリターン(%)
1965 10.0
1966 -11.7
1967 30.9
1968 11.0
1969 -8.4
1970 3.9
1971 14.6
1972 18.9
1973 -14.8
1974 -26.4
1975 37.2
1976 23.6
1977 -7.4
1978 6.4
1979 18.2
1980 32.3
1981 -5.0
1982 21.4
1983 22.4
1984 6.1
1985 31.6
1986 18.6
1987 5.1
1988 16.6
1989 31.7
1990 -3.1
1991 30.5
1992 7.6
1993 10.1
1994 1.3
1995 37.6
1996 23.0
1997 33.4
1998 28.6
1999 21.0
2000 -9.1
2001 -11.9
2002 -22.1
2003 28.7
2004 10.9
2005 4.9
2006 15.8
2007 5.5
2008 -37.0
2009 26.5
2010 15.1
2011 2.1
2012 16.0
2013 32.4
2014 13.7
2015 1.4
2016 12.0
2017 21.8
年平均 9.9
全期間総合 1550.8

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です