インデックスファンドの検討2

◎今日のテーマ:インデックスファンドの検討2

TOPIXと日経平均

国内の代表的指数は東証株価指数(TOPIX)、日経平均です。TOPIXは東証1部に上場する全銘柄の「時価総額(株価✖発行済み株式数)の変化を指数化したもであるのに対し、日経平均株価は東証1部を代表する225銘柄の「株価の単純平均」です。TOPIXは現在、2,141社ありますから日経平均の10倍あります。また、単純平均よりは加重平均の方がマーケットの状況をよく反映して言えるといえます。しかし、225銘柄あれば資産の分散化はかなり行われているといえますので、TOPIXの方が明らかに良いとまでは言えないと思います。

NT倍率

日経平均株価をTOPIXで割った値を「NT倍率」と呼んでいて、2000年以降のNT倍率は、概ね 9.5 – 12.5前後で推移していたのですが、現在は13.7を超えていますので、10.5だった10年前に日経平均を買った場合にはTOPIXを買った場合より3割得をしている計算になります。しかし、現在はNT倍率が高すぎるような気がするので、日経平均が良いかどうかは分かりません。

eMAXIS Slim TOPIXは純資産総額が少ない

eMAXIS Slimシリーズは、TOPIXだけでなく日経平均でも信託報酬が最低になっています。しかし純資産総額は16億円しかありませんから、不安を拭い去れません。信託報酬が0.17%以下なら、かなり低いと考えられるので、その中で純資産総額が最も大きいのは同率4位の「たわらノーロード 日経225」に目が行きます。

窓口のある証券、銀行は信託報酬が高い

9位の日経225、10位の野村(Funds-i)は、信託報酬がかなり高いのですが、純資産総額は大きいといえますが、これは窓口での販売力がものを言った結果でしょう。9位の「SMT 日経225」は、SMBC日興証券株式会社が取り扱っていますが、4位の「i-SMT 日経225」は、ネット証券だけでSMBC日興証券株式会社が取り扱っていません。

日本株式(日経平均型)インデックスファンド信託報酬ランキング

順位 ファンド名 (略称) 信託報酬    (税抜) 純資産総額  (億円)
1 eMAXIS Slim 国内株式(日経平均) 0.155% 16
2 iFree 日経225 0.159% 40
2 ニッセイ 日経平均 0.159% 53
4 i-SMT 日経225 0.170% 1
4 たわらノーロード 日経225 0.170% 118
4 Smart-I 日経225 0.170% 11
7 日経225 Smart-i 0.190% 13
8 iシェアーズ 国内株式 0.325% 36
9 SMT 日経225 0.370% 291
10 野村(Funds-i) 日経225 0.400% 411
11 eMAXIS 日経225 0.400% 336

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です