2020年卒業生へ贈る言葉 1

6月は卒業式シーズンのアメリカ

日本では、9月入学問題が浮上しましたが、政府は今年度や来年度からの制度の導入を見送ることになりました。アメリカでは、今、まさに卒業の時期を迎えているところです。

アントレプルナーたちのスピーチ

アメリカのビジネスの巨人たちは、卒業する若者たちにどのような言葉を贈ったのでしょうか。6月2日のUSA TODAYの記事を参考にしましょう。以下は拙訳です。

ビズネス・リーダーやザ・オラクルのアドバイス

大学を卒業することは、どんなに良い時代であっても、混迷し、つらいものでしょう。新型コロン後の世界にあっては、言うまでもありません。もし今年卒業するなら、以下のビズネス・リーダーやザ・オラクル(アドバイスや成功戦略を提供する企業家集団)のアドバイザーが提供する、助言や励ましに耳を傾けましょう。

1.好きなものを追いかけろ

私がいつも大学卒業生に贈るアドバイスは、今まで以上に現実の問題に直結しています。リスクを冒し、自分の好きなものを追いかけるためには、人生においてこれほど良い時期はない。ミュージシャンのビヨンセのように成ろうとすることでも、ビジネスを始めることでも、他のことでも良い。自分のなりたい人間像を明確にし、無償で労働を申し出るのです。お金を作るために副業を見つけ、必要なら経費を浮かすために両親の家に同居するのです。もし、むなしい仕事につかざるを得なければならないのであれば、副業で情熱を追いかけるのです。20代の時、私は不必要なものにお金を使わず、必死で好きな仕事をしました。それが良い人生を送る方法です。

ゲイリー・ヴェイナチャック、ヴェイナチャック各社の創立者・CEO、ニューヨーク・タイムスのベストセラーに5回なった“Crushing It!”の著者

2.価値を高めるには一層の努力をする

あなたの教育は始まったばかりだから、学ぶのを止めてはいけない。毎日本を読み、勉強するのです。家で両親と一緒にいるのではなく、仕事に就きなさい。自分の働きたい会社の重要人物を知る人を探し、その人に会うのです(もし必要ならインターネット上で)。現在の経済は厳しい。だから、世界に価値をもたらさなければならず、どのように売り上げることができるかを行動で示し、一層の努力をすることです。

自分のやることに卓越しなさい。平均にいてはお金は稼げませんから。「もしどのようになっても、それは私次第だ。」というものの考え方を持ち、今やらなければなりません。最後に、目標が大きすぎるように見えるからといって、低い目標を立ててはいけません。「幸運を祈ります」、といいますが、自分の運は実際には自分で作るのです。

グラント・カードン、20億ドルの不動産企業カードン・キャピタル創立者、フェース・ブック、インスタグラム、ユーチューブでフォローしてください。

3.恐れるな

いつの時代も困難です。成長しようとすれば挑戦するしかないのだから、最悪に向けて準備し、最良に向かって仕事をするのです。将来を恐れないことです。今までよりたくさんの機会があるのだから、最も生産的な時代に入るには完ぺきなタイミングです。だから、自分の関心のある仕事とプロジェクトの経験を開始するのです。完璧なを機会を待っていてはいけません。なぜならそんなものはないのだから。

体に気を付けることです。食事、睡眠、運動、遊びをちゃんとすることです。シンプルを保ち、やり過ぎず、常に気晴らしをすることです。、毎日、瞑想する時間を作り、深く息を吸い、物事の本質を熟考することです。自己中心の時代は終わりました。私たちは今の時代に共にいるのだから、他人に奉仕し害を与えないことです。

マーク・デバイン、元アメリカ海軍特殊部隊司令官、ニューヨーク・タイムスとウォール・ストリート・ジャーナルのベストセラーの著者、Unbeatable Mind and SEALFITの創立者、フェースブックとユーチューブでUnbeatable Mind をフォローしてください。

4.自分の仕事に対しベストの人間になる

仕事が減っている中で、自分の仕事に関し優れていること、最良であることに集中することは、今まで以上に重要です。会社のためにどのような問題解決ができるのかを聞かれる面接に取り組むのです。会社が何を提供してくれるのかではありません。

意欲的なユーチューバーは、もし映像の成績が良くないと、どうすればよくなるかを聞かずに、アルゴリズムを非難することが良くあります。ユーチューブのアルゴリズムは最も良い映像を推奨するようにできているのであって、あなたの映像を推奨するようにはなっていません。あなたのは最良ではないのでしょう。もし、仕事を獲得できないとすれば、その理由はいつも同じです。他の誰かの方が良くできるからです。従って、常に改善し続けるという考えを持ちなさい。

サラ・クリスプ、ホールセール・テッドの創立者、オンライン教育機関最大手の一つ、オンラインストアの創立・成長・拡大のノウハウを教育する。16歳で最初のオンラインストアを始める。ユーチューブでSarahをフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です