VYM:バンガード 米国高配当株式ETF 2021年10月

英語版を日本語に翻訳

世界最大級の資産運用会社であるバンガード社の日本法人(バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社)が2021年2月28日をもって廃業しました。その結果、日本語版のETFの商品説明をやめてしまったので、英語版を日本語に翻訳してその内容を確認します。

日本人は、高配当株式が好きなようですが、SBI証券の人気保有銘柄と定期買付人気銘柄のランキングを見てみましょう。⇒は私のコメントです。

人気保有銘柄ランキング

米国株式 ⇒ 日本でも有名な会社が上位を占めています。

  • 1位 アップル(AAPL)
  • 2位 AT&T(T)
  • 3位 コカ-コーラ(KO)
  • 4位 マイクロソフト(MSFT)
  • 5位 ズーム ビデオ コミュニケーションズ(ZM)

定期買付人気銘柄ランキング

米国ETF ⇒高配当とS&P500のETFが上位を占めています。

  • 1位 SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF(SPYD)
  • 2位 バンガード S&P 500 ETF(VOO)
  • 3位 バンガード 米国高配当株式ETF(VYM)
  • 4位 バンガード トータルストックマーケットETF(VTI)
  • 5位 インベスコ QQQ トラスト シリーズ1 ET(QQQ)

定期買付人気銘柄ランキング

米国株式

  • 1位 AT&T(T)
  • 2位 コカ-コーラ(KO)
  • 3位 アップル(AAPL)
  • 4位 ジョンソン & ジョンソン(JNJ)
  • 5位 マイクロソフト(MSFT)

米国ETF

⇒高配当株式が1位、2位を占めています。

  • 1位 SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF(SPYD)
  • 2位 バンガード 米国高配当株式ETF(VYM)
  • 3位 iシェアーズ コア 米国高配当株 ETF(HDV)
  • 4位 バンガード S&P 500 ETF(VOO)
  • 5位 バンガード トータルストックマーケットETF(VTI)

私は高配当銘柄のETFを勧めているわけではなく、逆に買わない方が良いと考えています。私自身も持っていません。高配当銘柄は株価が高めになる傾向があるのですが、大して高配当ではなく、S&P500など一般的なETFにトータルリターンが負けています。成長している会社は、配当として株主に還元するのではなく、新規投資にお金を使いますから、逆に低配当になる傾向があります。そして株価が序章するのでトータルリターンは高くなります。そのことを踏まえつつ、以下の翻訳をご覧ください。

バンガード高配当利回りETF(VYM)

製品概要

  • 高い配当利回りを特徴とする企業の普通株の投資収益率を測定するFTSE®高配当利回り指数のパフォーマンスに連動することを目指します。
  • 平均以上の配当利回りがあると予測される株式のパフォーマンスに連動する便利な方法を提供します。
  • パッシブ運用の完全レプリケーションアプローチに従います。

ETFのデータ

  • 資産クラス:国内在庫-一般
  • カテゴリー:大型バリュー株
  • IOVティッカーシンボル:VYM.IV
  • 経費率:2021年2月26日現在 0.06%
  • CUSIP:921946406
  • ETFアドバイザー:バンガードエクイティインデックスグループ

価格と利回り

  • 市場価格:2021年10月15日現在 $ 107.20
  • NAV:2021年10月15日現在 $ 107.19
  • 30日間のSEC利回り:2021年9月30日現在 2.84%B
  • プレミアム/ディスカウント:0.01ドル

(注)30日SEC利回りとは?

ETFやミューチュアルファンド(米国の投資信託)の1口当たりの過去30日のインカム利回りのことです。 過去30日間のインカムゲイン(利金・配当収入)から費用を差し引いて1口当たりの市場価格で除した利率を年率換算した数値です。

リスクの可能性

リスクレベル4

中程度から積極的なファンド

中程度から積極的と分類されるバンガード ファンドは、幅広く分散されていますが、実質的にすべての資産を普通株で保有しているため、株価の大きな変動の影響を受けます。 これらのファンドは、長期的な投資期間 (10 年以上) を持つ投資家に適している可能性があります。

パフォーマンス 平均年間収益 2021年9月30日現在

1年間 3年間 5年間 10年間 2006年11月10日設定以来
High Dividend Yield ETF 31.53% 9.39% 10.93% 13.35% 8.30%
FTSE High Dividend Yield Index (ベンチマーク) 31.58% 9.42% 10.97% 13.42% 8.39%

10,000ドルの仮想成長 2021年9月30日現在

⇒10年前に1万ドル投資すると、3万5千ドルに増えたことになります。VOOなら4万6千ドルに増えていたので、VYMへの投資は損でした。これが、私が高配当銘柄を勧めない理由です。

ポートフォリオ構成 株式セクターの分散化

セクター 高配当 ETF 2021年9月30日現在 FTSE 高配当インデックス2021年9月30日現在 (ベンチマーク)
素材 4.3% 4.3%
一般消費財・サービス 8.4% 8.4%
生活必需品 12.8% 12.8%
エネルギー 7.1% 7.0%
金融 22.5% 22.6%
ヘルスケア 12.4% 12.4%
資本財・サービス 9.8% 9.8%
不動産 7.7% 7.7%
情報技術 7.1% 7.1%
公益事業 7.9% 7.9%

特徴 2021年9月30日現在

  • 株式数:411
  • 純資産合計に資金を提供する:485億ドル
  • 上位10銘柄の純資産:23.9%
  • 外国の持ち株:0.0%

月末の持ち株 2021年9月30日現在

⇒ 成長企業のGAFAなどは入っていません。

順位 銘柄         割合
1.JPMorgan Chase&Co.  3.70%
2.ジョンソン・エンド・ジョンソン 3.30%
3.Home Depot Inc.  2.70%
4.Procter&Gamble Co.  2.60%
5.Bank of America Corp.  2.40%
6.Comcast Corp.  2.00%
7.Exxon Mobil Corp.  1.90%
8.ファイザー株式会社 1.80%
9.Cisco Systems Inc.  1.80%
10.Verizon Communications Inc.  1.70%

カテゴリーETF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です