VTI:バンガード トータルストックマーケット ETF 2021年10月

VTIについてアメリカのモーニングスター社のウェブ・ページに、アナリストのコメントが載っているので、それを読んでみましょう。以下は拙訳です。

幅広い市場エクスポージャーに最適なファンドの1つ

アソシエイトアナリスト LanAnh Tran ランアントラン

要約版  2021年3月9日

VTI(Vanguard Total Stock Market Indexファンド)は、米国の株式市場の構成を再現することを目的としており、安価な料金で幅広く分散された構成入れ替えの少ないポートフォリオを提供します。インベスター・クラスを除いて、すべての株式クラスはモーニングスター・アナリスト・レーティング・オブ・ゴールドを獲得しています。インベスター・クラスは、手数料が高いためにシルバーレーティングを取得しています。

CRSP U.S. Total Market Indexは、投資可能な米国株式市場全体への連動を目指します。このインデックスは、モーニングスター・カテゴリーの同業他社の多くよりも時価総額の階層をはるかに下回っています。その小型株のエクスポージャーは、実際とは異なりますが、より小さな株が回復したときに、カテゴリーの同業他社よりもパフォーマンスの優位性を提供することができます。無名銘柄は取引が難しいかもしれませんが、インデックスはある程度対応します。インデックスの追跡を容易にするために、株式はいくつかの投資可能性の評価をクリアーする必要があります。これらの評価は、入れ替えを減らすために、削除するよりも追加する方を厳しくします。インデックスはまた、マーケットへの影響コストを軽減するために、5日間にわたってリバランス取引を分散させます。

インデックスは、流動性を加味した時価総額によって保有を重み付けし、市場の知恵を活用して各株式の相対的な価値を決定します。有名な大型株がこのファンドの大部分を占めているため、株価は新しい情報をすばやく反映する必要があります。結果として得られるポートフォリオは十分に分散されており、大規模ブレンド・カテゴリーの投資機会を代表しています。

ただし、時価総額加重は、断続的に市場が強気になる間に、インデックスを株式レベルまたはセクター・レベルが大幅に割合を増やす可能性があります。これにより、ポートフォリオが価値の高い名前やセクターに傾くことがあります。これは、テクノロジーバブルの最盛期の場合です。それにもかかわらず、長期的には、幅広く分散化し、取引を増やさないことによるメリットがこれらのデメリットを上回ります。このファンドの非常に小さな経費比率が最大の強みです。 手数料は、0.14%かかる投資家の株式を除いて、すべての株式は毎年0.05%未満しかかかりません。これらの低手数料と低現金残高のおかげで、ファンドは、開始から2021年1月まで、カテゴリー平均を年率1.9パーセントポイント上回りました。

以上が節約でした。

世界最大級の資産運用会社であるバンガード社の日本法人(バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社)が2021年2月28日をもって廃業しました。その結果、日本語版のETFの商品説明をやめてしまったので、英語版を日本語に翻訳してその内容を確認します。

バンガードトータル株式市場ETF(VTI)

製品概要

  • CRSP US Total MarketIndexのパフォーマンスに連動することを目指します。
  • 大型株、中型株、小型株のエクイティは、成長とバリューの全体に分散しました。
  • パッシブに管理されたインデックスサンプリング戦略を採用しています。
  • ファンドは全額を投資したままです。
  • 費用が少ないため、ネットトラッキングエラーが最小限に抑えられます。

ETFのデータ

  • 資産クラス:国内在庫-一般
  • カテゴリー:ラージブレンド
  • IOVティッカーシンボル:VTI.IV
  • 経費率:2021年4月29日現在 0.03%
  • CUSIP:922908769
  • ETFアドバイザー:バンガードエクイティインデックスグループ

価格と利回り

  • 市場価格:2021年10月15日現在 $ 230.76
  • NAV:2021年10月15日現在 $ 230.71
  • 30日間のSEC利回り:2021年9月30日現在 1.23%B
  • プレミアム/ディスカウント:0.05ドル

リスクの可能性

リスクレベル4

中程度から積極的なファンド

中程度から積極的と分類されるバンガード ファンドは、幅広く分散されていますが、実質的にすべての資産を普通株で保有しているため、株価の大きな変動の影響を受けます。 これらのファンドは、長期的な投資期間 (10 年以上) を持つ投資家に適している可能性があります。

パフォーマンス 平均年間収益 2021年9月30日現在

⇒最近1年間のリターンは高すぎます。また、10年間も、スタートがリーマンショックの後だったので高めの数字になっています。2001年の設定来の20年間の8%台が妥当でしょう。

1年間 3年間 5年間 10年間 2001年5月24日設定以来
Total Stock Market ETF 32.09% 16.04% 16.87% 16.60% 8.69%
Spliced Total Stock Market Index (ベンチマーク) 32.11% 16.06% 16.88% 16.62% 8.70%

10,000ドルの仮想成長 2021年9月30日現在

⇒1年前に1万ドルを投資していたら5万ドル近くになっていたということです。ほとんどの日本人は、この実態を知らないので、驚くでしょう。

ポートフォリオ構成 株式セクターの分散化

セクター トータル・ストック・マーケット ETF CRSP US Total Market Index (ベンチマーク)
素材 1.9% 1.9%
一般消費財・サービス 16.0% 16.0%
生活必需品 4.6% 4.6%
エネルギー 2.9% 2.9%
金融 11.5% 11.5%
ヘルスケア 13.1% 13.0%
資本財・サービス 13.3% 13.4%
不動産 3.5% 3.5%
情報技術 27.7% 27.6%
コミュニケーション・サービス 2.9% 2.9%
公益事業 2.6% 2.7%

特徴 2021年9月30日現在

  • 株式数: 4025
  • 純資産合計に資金を提供する: 1.3兆ドル
  • 上位10銘柄の純資産: 23.9%
  • 外国の持ち株: 0.1%

上位10銘柄の割合

順位 銘柄 割合
1.Apple Inc.   5.00%
2.Microsoft Corp.   4.80%
3.Alphabet Inc.   3.40%
4.Amazon.com Inc.   3.20%
5.Facebook Inc.   1.80%
6.Tesla Inc.   1.40%
7.NVIDIA Corp.   1.10%
8.JPMorgan Chase&Co.  1.10%
9.Berkshire Hathaway Inc.   1.10%
10.ジョンソン・エンド・ジョンソン  1.00%

カテゴリーETF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です