インフレによってアメリカのZ世代は現金を使うようになった

見直される現金

日本ではインフレが進んでいます。その2倍の高さのアメリカでは、奇妙な現象が起きています。それは、カード決済でなく、現金決済が見直されているということです。しかも、シニアの間ではなくZ世代(1996-2012年に生まれた若い世代:11歳から27歳)の現金使用割合が増えています。その理由は以下の通りです。

  • 現金だと出費をコントロールできるので負債が増えない
  • クレジットカードの盗難、偽造小切手、IDの盗難の被害に遭っている
  • TikTokのインフルエンサーが支出を抑えるためにこの戦略を使ったことを話した後、特にZ世代に人気が出た

USA TODAYの2023年5月15日の記事で見てみましょう。


ドル札の皆さん: Z世代は、インフレに直面し、これまで以上に現金を使うようになりました。

最近の調査によると、Z世代は家計を圧迫する高騰したインフレが2年間続く中、予算管理ツールとして現金を再発見し、他のどの世代よりも現金を使っていることがわかりました。

18歳から26歳のZ世代331人を含む2,118人の成人を対象としたCredit Karmaのオンライン調査によると、Z世代の70%近くが12ヶ月前よりも現金を使用していることがわかりました。このシェアは、X世代が47%ブーマーが37%と、他のどのグループよりも高いものであった。Credit Karmaは、X世代を1965年から1980年生まれ、Boomersを1946年から1964年生まれと分類しています。

高インフレ、株式市場の変動、クレジットカードの利用を割高にする金利の上昇に対処しようとするため、特に収入の少ないZ世代が現金に頼る理由の上位に予算編成が挙げられています。

「Credit Karmaの消費者金融アドボケイトのCourtney Alev氏は、次のように語っています。「このままではいけないと思った人たちは、さらに負債を増やさないようにして、この傾向を逆転させようと考えています。”それは、「キャッシュスタッフィング」のような予算のトリックが来るところです。”

キャッシュスタッフィングとは何ですか?

キャッシュスタッフィングとは、毎月の初めに、食料品、衣料品、娯楽など、さまざまなカテゴリーの出費のために現金を確保することです。各カテゴリーに割り当てられたものが、その月に使えるお金のすべてとなります。

この戦略は、TikTokのインフルエンサーが支出を抑えるためにこの戦略を使ったことを話した後、特にZ世代に人気が出ました。Z世代の成人の72%がキャッシュスタッフィングを熟知しており、30%が予算(47%)と節約(55%)のために利用しているとCredit Karmaは述べています。

開始以来、キャッシュスタッフィングを利用しているZ世代の89%が、より多くのお金を貯蓄に回すことができるようになった。さらに70%は、毎月の支出を減らすことができたと回答しています。

キャッシュスタッフィングって新しいの?

若い人たちは、自分が最先端だと思い、ブーマーを小馬鹿にしたがるが、そうではない。

「シカゴにあるギム・エレクトリック社の社長、エリック・マー氏(61)は、「私が現金を使う理由は、予算がよりシンプルになることです。「私は昔から、ほとんどの買い物を現金で済ませていました。現金だと、日々の出費をコントロールできるんです」。

聞き覚えはありませんか?ブームです!

私の家族も、クレジットカードの盗難、偽造小切手、IDの盗難の被害に遭っているので、デジタルな足跡は最小限にとどめるようにしています」とマーは言い、特定の買い物にはPayPalを使っている。しかし、彼はこうも言います: 「デビットカードは持っていませんし、ATMもほとんど使いません。まだ、デジタル決済の技術を受け入れる準備ができていないのです」。

でも、クレジットカードの残高も増えているのでは?

そうですね。

昨年末、クレジットカードの残高は986億ドルに達し、ニューヨーク連邦準備制度理事会が1999年にこのデータの収集を開始して以来、最高の水準となりました。インフレと金利の上昇に対応しようとしたため、負債が急増したのです。Credit KarmaのAlevは、このことが現金使用の増加と矛盾しているとは考えていない。

アメリカ人、特に若い人たちは、クレジットカードの負債が膨らむのを見て、それを制限する方法を探しています。現金の利用を増やすこともその一つです。調査によると、Z世代の20%近くが、現金を使うことで支出についてより慎重にならざるを得ないと回答しています。特に、デビットカードやクレジットカードで支払いをすると、ついつい使いすぎてしまう人は要注意です」とAlevは述べています。

クレジットカードの使用を完全に止めた方がいいのでしょうか?

いいえ、まだクレジットカードを切らないでください!

「信用を高めるための努力は怠らないようにしましょう」とAlevは言います。”それは、1枚のクレジットカードで毎月の定期購入を設定し、毎月末に返済する、あるいはガソリン代の支払いに1枚のカードを使う、といった簡単なことでもよいのです “と、彼女は言います。”信用を築くことは、将来、自動車ローンや住宅ローンなど、より良い価格の金融商品にアクセスできるようにするために重要です。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d