みずほ銀行訪問記1:みずほ銀行での投資相談

今日のテーマ:みずほ銀行での投資相談

みずほ銀行の支店に行って、1000万円の資金運用をする場合に、どんな商品がお勧めかを聞いてきました。

最初に紹介してくれたのは、個人向け国債です。現在はキャンペーン中で、どの国債を買ってもキャッシュバックというか、値引きがあります。国債なので、値引きという言葉を使わないのでしょうか。現在の利回りは0.05%です。1年保有すれば上記プレゼント分だけ得をする形になります。1年経つと、金融機関によっては、解約を勧めて、その資金で別の商品を買わせるところもあるそうですから、もし解約する場合にも、そのような商品をうっかり買わないように、強い意志を持つことが大切です。

対象金額 プレゼント金額
変動10年債 固定5年債 固定3年債
100万円以上 200万円未満 2,000円 1,500円 1,000円
200万円以上 300万円未満 4,000円 3,000円 2,000円
300万円以上 400万円未満 6,000円 4,500円 3,000円
400万円以上 500万円未満 8,000円 6,000円 4,000円
500万円以上 600万円未満 15,000円 10,000円 6,000円
600万円以上 700万円未満 18,000円 13,000円 8,000円
700万円以上 800万円未満 22,000円 16,000円 10,000円
800万円以上 900万円未満 26,000円 19,000円 12,000円
900万円以上 1,000万円未満 30,000円 22,000円 14,000円
1,000万円 40,000円 30,000円 20,000円
以降、100万円増額ごとに 4,000円追加 3,000円追加 2,000円追加

他の金融機関はどうなっているのでしょうか。

野村證券は、100万円の場合20, 000円、1000万円の場合40,000円のプレゼントがつきます。それぞれ、0.2%、0.4%の利回り追加に相当します。ただし、900万円の場合27,000円なので、みずほ銀行の30,000円とは少し差があります。また、野村證券では、3年国債のキャンペーンはありません。

SBI証券は、100万円、1000万円の場合、両方とも0.1%のキャッシュバックがあります。

国債には魅力なし

私は、現在の日本の国債については、変動10年債を含めて、金利が安いので関心がありません。国債を買って保有するよりは、自由度の高い銀行預金か証券会社のMRFの方が臨機応変の対応が取れると思います。原則としては、外貨ETFへの投資を最初に検討します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です