投資信託購入時に参考とする情報3

◎今日のテーマ:投資信託購入時に参考とする情報3

投資信託に関するアンケート調査の報 告 書が2019年3月に出ました。(再掲)

            購入時参考情報 重複回答(%)
1 金融機関の担当者の話 35.6%
2 販売用資料 30.0%
3 目論見書・運用報告書 21.6%
4 投資信託を販売している会社のHP 21.3%
5 投資信託を運用している会社のHP 11.3%
6 新聞 11.2%
7 親族や知人、友人の話 10.5%
8 投資に関する情報サイト 9.6%
9 その他のインターネットの情報サイト 8.7%
10 投資信託の評価機関 8.6%
11 投資信託や資産運用に関する本 8.1%
12 雑誌 5.4%
13 セミナー等 4.4%
14 テレビ番組 3.9%
15 その他 0.7%
16 特にない 13.8%

3 目論見書・運用報告書

1306(TOPIX連動型上場投資信託のETF)の資料は次の通りです。

  • 月次レポート
  • 交付目論見書
  • 請求目論見書
  • 直近の決算短信

私は、このうち月次レポートは、このブログ作成のために時々見ます。気になる項目は、リターンとコストですが、リターンはTOPIXの動きを、日経やNHKなどで毎日、見ています。コストは日本のETFはあまり変化がありません。ただし、インデックスファンドは、各社が値下げ競争をしているので、1年で数回下がることもあります。

交付目論見書は、全体が11ページなので、約10年前に購入したときに目を通しましたが、月次レポートで十分かも知れません。

請求目論見書は、全体で217ページにもわたる大掛かりなものです。一番最初に飛ばし読みで、眺めただけです。

決算短信は、月次レポートや新聞ラジオなどで間に合っているので、あまり見ません。

結論「月次レポート」だけで十分

バンガード・S&P500 ETF(VOO)の資料は次の通りです。

  • ファクトシート(概況報告書)
  • 運用報告書(全体版)
  • 交付運用報告書

ファクトシート(概況報告書)は、全体が2ページですので、概要が手軽に分かります。ただし、最新情報ではありませんので、最新のデータはブルームバーグなどを見ることがあります。Yahooの英語版は、現在の価格が刻々と変わりますし、時間外の値動きも分かります。

運用報告者は全体が30ページですので、もし気になるところがあれば、そこだけ見れば十分だと思います。しかし、普通の個人投資家にはあまり必要性を感じません。

交付運用報告書は、全体が14ページです。最初に買った時以外は見たことがありません。

結論「ブルームバーグのWebページだけで十分」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です