つみたてNISAナビ 5

<昨日の続き>

「つみたてNISAナビ」の商品比較表を再掲します。ただし、右の2列の純資産総額(億円)と 信託設定日は、検討しやすいように私が付け加えたものです。

運用手法 運用商品名 信託報酬 純資産総額(億円) 信託設定日
インデックス 野村スリーゼロ先進国株式投信 0.000% 0.2 2020/3/16
インデックス SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド(SBI・バンガード・S&P500) 0.064% 415 2019/9/26
インデックス SBI・新興国株式インデックス・ファンド(雪だるま(新興国株式)) 0.066% 41 2017/12/6
インデックス 上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(上場S&P500米国株) 0.066% 167 2010/10/22
インデックス SBI・先進国株式インデックス・ファンド(雪だるま(先進国株式)) 0.068% 24 2018/1/12
インデックス SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式)) 0.068% 73 2017/12/6
インデックス eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 0.097% 1121 2018/7/3
インデックス eMAXIS Slim先進国株式インデックス 0.102% 1064 2017/2/27
インデックス <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 0.102% 1777 2013/12/10
インデックス JP4資産均等バランス 0.107% 41 2017/10/18

今日は上から4番目の銘柄からです。

上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(上場S&P500米国株)

信託報酬は0.06600%ですから、かなり安いと言えます。しかし、このナビだけでなくて、他のデータでも確認することにします。

ナビでは0.066%、ヤフーファイナンスでは0.15%

ヤフーファイナンスで「 1547 ETF 上場インデックスファンド米国株式(S&P500)」を見ますと、信託報酬は税抜きで0.15%です。ナビの銘柄とヤフーファイナンスの銘柄は異なるものなのでしょうか。

ブルームバーグ英語版の費用

もう一つ、ブルームバーグで、「1547:JPTokyo Listed Index Fund US Equity S&P500」を見ると、

Current Mgmt Fee0.06%
Expense Ratio0.15%

と、出てきました。

バンガード社VOOの信託報酬

参考までに、バンガード社のS&P500のETF(VOO)を見てみましょう。 このETFの信託報酬は0.03%です。

ブルームバーグのVOO

ブルームバーグ社のWebページには、以下の通り表示されました。

Current Mgmt Fee0.03%
Expense Ratio0.03%

信託報酬と総経費率は別物?

恐らく、Current Mgmt Feeが信託報酬(運営管理費用)、Expense Ratioが(総経費率)を指していると思われます。

投信会社の日興アセットマネジメントのレポートを見てみましょう。

<投資者が信託財産で間接的に負担する費用>

◎ 運用管理費用(ただし、この文字の上に「信託報酬」の文字がオーバーラップされている。)

  • 当ファンド:ファンドの日々の純資産総額に対し年率0.066%(税抜き0.06%)以内(有価証券届出書提出日現在、税抜き0.06%)
  • 運用管理費用は、響けいざ要され、毎期末又は信託終了の時に、信託財産から支払われます。
  • 投資対象とする投資信託證券:純資産総額に対し年率0.099%(税抜き0.09%)程度
  • 実質的な負担:純資産総額に対し年率0.165%(税抜き0.15%)程度

◎ その他費用・手数料(ただし、この文字の上に「諸費用」の文字がオーバーラップされている。)

  • ファンドの日々の純資産総額に対して年率0.1%を乗じた額の信託期間を通じた合計を上限とする額

以上の説明は、このETFのマンスリーレポートに記載されています。この説明を素直に読むと、毎年0.165%+0.1%=0.265%の費用が掛かることになります。

信託報酬以外の費用

通常のインデックスファンドやETFは、信託報酬=総費用で、それ以外に費用はかからないと思っていましたが、このETFは違うようです。そうであるなら、つみたてNISAナビは、信託報酬の欄を総費用と表示して0.265%としなければ誤解を与えることになりそうです。あるいは、欄は信託報酬のままで、注として、総費用は0.265%と書いた方が親切だと思います。

ETFとしては高コスト

それにしても、もし費用が0.265%もかかるとすれば、この商品のコストはかなり高いと言えます。同じ指数を使ったVOOは0.03%ですから、ずいぶんと開きがあります。

次は、上から5番目の銘柄です。

SBI・先進国株式インデックス・ファンド(雪だるま(先進国株式))

先進国株式のインデックス・ファンドとしては、上から8番目の「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」と9番目の「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」があります。この両銘柄の純資産が1000億円をこえるているのに対し、SBIの銘柄は24億円しかありません。投入時期が2018と遅かったためでしょうか。それを挽回する意味もあって、上から2番目の「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド(SBI・バンガード・S&P500)」を投入したとも考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です