40代、50代のための老後対策

早いほど良いが

老後のための貯蓄対策は早いほど良いので、できれば学校を卒業した20代から始めるのが望ましいでしょう。私の子供たちは30歳ごろから始めたので、十分に早いというほどではありませんが、遅いということもありません。子供たちは、確定拠出年金(企業、個人)、NISA、課税される投信積立を行っています。60歳ぐらいまで続ければ、おそらく老後の資金で困ることはないでしょう。

私は50歳から

一方、私と連れ合いは家を購入したのが50歳なので、その後に老後資金の準備を始めました。少し遅かったようですが、何とかなりそうです。

ところで、今から老後の資産対策を始めようとする人は間に合うのでしょうか。USA TODAYの2022年11月25日の記事を下に考えてみましょう。以下は拙訳です。


退職のための貯蓄を始めるのに遅すぎることはありますか

いいえ、これらのステップはあなたが追いつくのに役立ちます

キー・ポイント

  • 40代や50代で、老後のために1円も貯金していないとしても、慌てないでください。
  • まだ小さな貯蓄を作る時間はありますが、現実的に考えて急がなければならないと専門家は言います。
  • まず、手持ちの資金と必要な資金を確認し、計画を立て、それを実行する必要があります。
  • 「遅かれ早かれ」という言葉は、人生の多くのことに当てはまりますが、退職金の貯蓄もそのひとつです。

退職までの時間が半分を過ぎた段階で、まだ貯蓄を始めていなくても、失われた時間を取り戻すためにできることがあります。

2021年に退職していない成人のうち、4分の1は退職金を持っていなかったと、連邦準備制度理事会は述べています。つまり、貯蓄を始めていないのはあなただけではありませんし、慌てる必要はないとアドバイザーは言います。

Mutual of America Financial Groupの上級副社長であるBrian Severin氏は、「家が無くても、すぐに手を打てば問題はありませんが、現実的でなければなりません」と述べています。「最大のポイントは、現実的な期待値を設定することです。55歳で借金があり、貯蓄もしていなければ、老後を世界旅行で過ごすことはできないでしょう」。

スタートする時期が遅くなるのですから、退職金を作るための時間を確保するために、退職の時期を遅くすることを考えましょう。

ダニエル・A・ホワイト&アソシエイツの退職計画アドバイザー、ダン・サイモン氏は、「70歳まで受給開始申告を遅らせることで、(社会保障)給付金を最大限に活用することもできます」と話す。そのためには、本業を引退した後にパートタイムで働くという、ハイブリッド・リタイアメントを考えてみてください」。

老後のための貯蓄を始めるには

まず、達成可能で、ある時点で働かなくてもいいような計画を立てましょう、とアドバイザーは言います。

自分で考えてもいいですが、計画を立てるのは複雑です。税金、どのような投資の種類と組み合わせがリターンを最大化するか、また、社会保障制度が適用される場合は、それを考慮する必要があります。専門家の助けを借りる場合は、あなたの利益を最高にするのために働くことが法律で義務付けられている人を使用してください。また、顧問料や報酬を確認し、コストを抑えるようにしましょう。

いずれにせよ、「ある程度の生活を確保するために必要な金額とのギャップを計算する」必要がある、とセヴリン氏は言う。

そのためには、まず、贅沢とは言わないまでも、快適な生活を送るために毎年いくら必要かを考え、家や生命保険、銀行にあるお金、忘れていた貯蓄債券など、すでに持っているものを棚卸しすることです。

オハイオ州トロイにあるOutlook Financial Centerの最高経営責任者、ファイナンシャルアドバイザー、税務申告専門家であるRob Burnette氏は、「90歳まで生きることを想定すれば、大多数の人をカバーします」と述べています。

これらのことがわかれば、それを実現するために必要な措置を講じ始めることができます。

退職金を貯めるためにできること

支出を削減して、現金を確保する。 外食を減らす、セール品を買う、車の運転を減らす、宿泊を増やす、家を小さくするなど、少しずつ変えていくことができます。でも、週に2、3回、友人と出かけたり、コーヒーを買ったりするのが好きでも心配は要りません。バーネットはこう言います。「私たちはまだ社会的な存在であり、後で仙人のような生活をしないようにと、今仙人のような生活をすることはできないのです」。

借金を返済する “一般的に、高金利の借金は返済したほうがいい “とセヴリンは言います。「住宅は無理でも、クレジットカードの借金は返せます。まずそれをやってください”

401(k)を活用する。もしあなたが働いていて、会社に401(k)があるなら、少なくとも会社のマッチングを受けるのに十分な額を拠出し始めましょう。

余裕があれば、失われた時間を取り戻すために、リスクを増やすことです。つまり、債券のような固定収入資産よりも、株式をポートフォリオに組み入れるということです。しかし、最近の市場は非常に不安定であり、経済も不安定であるため、ジェットコースターに耐えられないのであれば、よりリスクの高い資産に投資する価値はないとバーネットは述べている。現金を生み出す方法を探すのです。株価が底を打ち、変動が少なくなったように見えたら、そのときに貯めた現金で株を買えばいいのです。「株価は急速に上昇し、リターンを増幅させることができる」と彼は言う。「ハイリスクを取ってもハイリターンになるとは限りません。その逆もあり得るのです”

◆マネー・マネージャーと一緒に投資することを検討する。彼らは、一般投資家にはない投資商品を利用できることが多い。例えば、バーネットは11%の金利がつく1年物の譲渡性預金を顧客に購入することができるという。これは、現在の倍以上の金利だ。「我々は機関投資家向けのCD市場にアクセスできるのです。街角の銀行で買えるようなCDではありませんよ」。

これらのガイドラインを実行すれば、快適なリタイアはまだなんとか可能だとアドバイザーは言います。しかし、重要なのは、退職前の収入の100%、あるいはそれに近い収入を、退職後にも維持できるような貯蓄を、すぐに行うことだ、とバーネットは言う。

「大きな木陰を作りたいなら、20年前に植えるのがベストだ」とバーネットは言う。「その次に良いのは今日です」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。