野村證券確定拠出年金新興国株式・REIT

◎今日のグラフ①:野村證券確定拠出年金新興国株式・REITの期間収益率

昨日の投稿記事の外国株式は、日本を除く新興国を対象にしていますが、今日のグラフは、新興国株式と、日本・世界のREITを見ます。

REITの市場規模は小さい

左から、新興国株式、JREIT、世界REITです。世界のREIT市場の規模は130兆円、株式市場の規模は5150兆円ほどのようです。つまり、REIT市場は株式市場の3%未満に過ぎません。REIT市場は歴史も浅く、投資対象とするには不安があります。株式市場のうち、新興国市場は510兆円ほどです。

新興国株式市場のリスク

3年ほど前に、私が新興国のETFを野村證券で買おうとしたときに、対応してくれた社員が、「新興国株式はリスクが大きいのでやめた方が良い。私の顧客でVWO(バンガード社の新興国株式のETF)を買った方は一人もいません。」と言われて、その時はやめましたが、その後調べた結果、特に問題はないと判断して、VWOを買いました。新興国株式の1年リターンは、現在あまり冴えません。

日本と世界ののREIT市場

日本のREITは、昨年は下落傾向でしたが、今年は少し持ち直しているようです。一方で、世界のREITは、最近1年間低迷しているようです。アメリカは金融緩和から引き締めへと向かう中、REIT市場への投資が減っているという話がありますが、REIT市場はよく分かりません。日本の株式は、日経平均やTOPIX、アメリカの株式はダウやナスダックの指数を毎日、毎時間、NHKが放送してくれるので、様子が分かりますが、REITは全く分かりません。分かったからと言って、それが資産運用のプラスになるかといえば、ならないと思いますが、安心感を期待できません。したがって、私はREITを買うつもりはありません。

野村新興国株式インデックスファンド(確定拠出年金向け) 野村J-REITファンド(確定拠出年金向け) 野村世界REITインデックスファンド(確定拠出年金向け)
野村證券確定拠出年金1年期間収益率
2018年8月
4.81% 8.35% 2.95%

◎今日のグラフ②:野村證券確定拠出年金新興国株式・REITの信託報酬

新興国株式のインデックスファンド

野村の新興国株式インデックスファンドの信託報酬は0.6%と高い水準です。

REITの信託報酬

私の保有しているVWO(バンガード社の新興国ETF)の信託報酬は0.14%です。商品の純資産総額が違い過ぎるので、単純には比較できませんが、0.6%では、利用したいとは思いません。REITの信託報酬も高いので、コストに厳しい私としては、買いたいという気持ちにはなりません。

野村新興国株式
インデックスファンド(確定拠出年金向け)
野村J-REIT
ファンド(確定拠出年金向け)
野村世界REIT
インデックスファンド(確定拠出年金向け)
野村證券確定拠出年金信託報酬2018年8月 0.6048% 1.0260% 0.5724%

債券

債券については、国内、外国ともに、超低金利水準のままです。野村證券の債券は、具体的には以下の通りです。

  • [野村DC国内債券インデックスF] 0.73%
  • [野村DC外国債券インデックスF] 0.06%

この水準では、投資しようという気はなりません。外国債券については、為替リスクも発生します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です