定年間近のポートフォリオ

良い投資と悪い投資の見分け方

先日、学校の同窓会に出席して飲んでいたら、投資の話になりました。ある友人は、投資信託を持っていると言っていたので、「良い投資信託と良くない投資信託を見分ける方法がある。信託報酬が概ね0.2%以下なら良いが、それより高ければ、良くない。」とアドバイスしました。数年前までは0.5%を基準とする考え方もありましたが、投資信託の低コスト化が進んで0.2%が相場になっています。

対面証券で勧められた商品はダメ

残念ながら、私の周りで低コストインデックスファンドとか株式ETFという言葉を口にする人はいません。その友人は対面証券で投資信託を購入したので、おそらく信託報酬2%前後の良くない投資信託を勧められて買わされたのだろうと思います。

定年前後には、証券会社、銀行などの金融機関が鵜の目鷹の目で獲物を狙っていますから、特に警戒が必要です。USA TODAYの2022年7月24日の記事で定年後のポートフォリオを勉強しましょう。

定年間近 投資ポートフォリオの整理術

インフレ率の上昇、金利の急上昇、消費者心理の異常な冷え込みなど、退職を控えた人たちにとって、これからの時代は不安でしかありません。景気後退は決して確実ではないが、景気減速が長期化する兆候は見え始めています。しかし、退職は必ずやってくるものであり、退職した場合にどのように対処すればよいかを理解しておくことが大切です。

ここでは、リタイヤメント・ポートフォリオを強化するための、簡単かつ効果的な方法をいくつか紹介します。

可能な限り統合する

401(k)、IRA、その他の口座を別の金融機関に預けている場合、退職後は、同じような税制の口座を統合し、1つか2つの金融機関に預けることをおすすめします。事務処理、税務申告書、パスワードなどの手間が省けるだけでなく、全体を俯瞰して見ることができれば、投資や税金の管理もずっと楽になります。

これは管理面だけではありません。もし、あなたが複数の金融機関に口座を分散させているなら、どこかで高額なファンドを保有していたり、過剰な管理コストを支払っている可能性があります。このような高コストが投資収益を圧迫し、退職後に受け取る資産が少なくなってしまう可能性があります。

退職後のポートフォリオを強化するには、株式の整理、単一銘柄からの脱却、インデックスファンドへの回帰、現金準備金の積み増しなどが有効です。

単一銘柄からの脱却

もし、ポートフォリオを構成する銘柄の中で、少額の単一銘柄を保有しているのであれば、今がその銘柄を手放す絶好の機会です。単一銘柄には、企業特有のリスク、つまり、単一企業の株式を保有することに伴う固有のリスクがあります。このリスクは、ポートフォリオの分散を図り、貯蓄額や適切な資産配分など、自分でコントロールできる要素に注目することで取り除くことができます。

さらに、市場全体が年初来で20%以上も調整されているため、今すぐ単一銘柄を手放した方がキャピタルゲイン税が少なくなる可能性があります。もちろん、どの銘柄を保有するかにもよりますが、今がリバランスのタイミングと言えるでしょう。

インデックスファンドに回帰する

インデックス・ファンドは、退職者にとって非常に有効です。コストを低く抑えることができ、投資リターンをより多く維持するための大きな要因であることが分かっています。おそらく最も重要なことは、インデックス・ファンドがポートフォリオの管理に費やす時間を短縮してくれることであり、退職後にこれ以上の価値はないでしょう。S&P500に連動するファンドと債券市場全体に連動するファンドを選ぶだけで十分かもしれません。

ポートフォリオを10,000フィートの高さから俯瞰して、分散したインデックス・ファンドに投資配分すれば、市場全体のリターンに近いリターンが得られる可能性が高く、それは大多数のアクティブ投資家よりも高い傾向にある。銘柄を選ぶのではなく、市場全体のリターンを受動的に受け入れることは、節税や時間効率の面でも正しい選択である可能性が高いので、退職を迎えるにあたり、手をかけない方法を検討してみてください。

現金準備金の確保

インフレ率が異常に高くても、現金が王様であることに変わりありません — 特に弱気経済においては。インフレは現金のような低利回りの投資の購買力を低下させますが、予期せぬ緊急事態に対応するための健全な予備資金が必要です。

退職後、突発的な出費を株式市場に依存するのは危険です。逆に、万が一の時に相応の現金があることは、心理的に大きな安心感につながります。アクセスしやすく、流動性の高い、高利回りの普通預金口座を持つことは、あなたのポートフォリオの一部として重要です。証券会社の口座を創造的にする必要はありません。

生活の中のお金をできるだけ簡明にする

退職後にお金に関することがバラバラであればあるほど、その意味を理解するのに時間がかかり、ストレスもたまりがちです。退職までの数ヶ月間、この先の生活をできるだけ楽にするために、できることはすべてやっておくようにしましょう。投資の一本化、単一銘柄からの移行、インデックスファンドへの回帰、現金準備の確立など、退職後の生活を穏やかに過ごすためにできることはすべてやっておくことです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。