信託報酬の安い銘柄2022年 2

低コストインデックスファンド誕生

日本における低コストインデックスファンドの歴史は、この分野から始まりました。2013年に、この表の2位にある<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドが発売されたのが皮きりでした。この銘柄が「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」に連続して選ばれたため、それに対抗しようとして1位 の「eMAXIS Slim先進国株式」が発売され、その後、この2銘柄を中心として、壮絶なコスト引き下げ競争が展開されたのです。

昨日の全世界に続き、今日は先進国の実質コストを、ダイヤモンド・オンラインのデータから確認します。

先進国株式 インデックスファンド信託報酬ランキング

順位 ファンド名 信託報酬(税込) 実質コスト 純資産総額(億円)
1位 eMAXIS Slim先進国株式 0.0997%(※1) 0.1440%(※2) 3,295
番外 SBIインデックス先進国株式(※3) 0.1022%(※4) 0.1190%(※) 105
2位 ニッセイ外国株式 0.1023% 0.1590% 3,928
3位 たわらノーロード先進国株式 0.1099% 0.1790% 1,949
4位 iFree外国株式 0.2090% 0.2460% 209
4位 i-SMTグローバル株式 0.2090% 0.2560% 7
6位 Smart-i先進国株式 0.2200% 0.2860% 201
7位 iシェアーズ先進国株式 0.4125% 0.5060% 25
8位 外国株式インデックスe 0.5500% 0.5770% 211
8位 SMTグローバル株式 0.5500% 0.5860% 1,356
10位 野村(Funds-i)外国株式 0.6050% 0.6230% 342
11位 eMAXIS先進国株式 0.6600% 0.7040% 596

注記のないものは、すべて「MSCIコクサイ・インデックス」に連動。実質コストは、直近の運用報告書のデータより計算。

※1 純資産総額500億円未満の部分は0.1023%、500億円以上1000億円未満の部分は0.1006%、1000億円以上の部分は0.09889%(すべて税込)となる「受益者還元型信託報酬率」を採用しているため、記載時点の純資産総額を元に平均信託報酬を算出。

※2 左欄に記載した平均信託報酬を元に算出。

※3「FTSEデベロップド・オールキャップ・インデックス」に連動。

※4 「SBI・先進国株式インデックス・ファンド」の信託報酬0.0682%(税込)に「投資対象とする投資対象ファンドの信託報酬等」0.034%(税込)を加算した「実質的な負担」。

※5「SBI・先進国株式インデックス・ファンド」の実質コスト0.085%(有効数字の桁数の関係で小数点第3位で四捨五入)に、「投資対象とする投資信託証券における報酬」0.034%(税込)を加算。

次に日本株式のTOPIXのインデックスファンドを見てみましょう。

このグループの特徴は純資産総額が少ないことです。全世界株式や先進国のインデックスファンドと比べて、純資産は一桁少なくなっています。純資産総額の小さいものが多いのですが、私は1000億円以下の純資産総額は買わないことにしています。インデックスファンドは、若い人が積立投資に使っている場合が多く、彼らに関心があるのは国内ではなく海外のようです。また、信託報酬が外国株よりも高いことが気になります。ただし、実質コストは信託報酬と大きな違いが無いように思われます。私は子供たちに、国内株式のインデックスファンドを勧めていません。

日本株式(TOPIX型)インデックスファンド信託報酬ランキング

順位 ファンド名 信託(税込)報酬 実質コスト(税込) 純資産総額(億円)
1位 ニッセイTOPIX 0.154% 0.156% 477
1位 eMAXIS Slim国内株式(TOPIX) 0.154% 0.159% 500
1位 iFreeTOPIX 0.154% 0.161% 75
1位 Smart-iTOPIX 0.154% 0.164% 30
5位 三井住友・DC日本株式 0.176% 0.184% 650
6位 たわらノーロードTOPIX 0.187% 0.190% 46
6位 i-SMTTOPIX 0.187% 0.194% 2
8位 SMTTOPIX 0.407% 0.413% 222
8位 日本株式インデックスe 0.407% 0.413% 32
10位 野村(Funds-i)TOPIX 0.440% 0.444% 4,515
10位 eMAXISTOPIX 0.440% 0.444% 171

日経平均型のインデックスファンドを確認しましょう。1位のPayPay投信の信託報酬は安いのですが、実質コストは跳ね上がります。気を付けましょう。

日本株式(日経平均型)インデックスファンド信託報酬ランキング

順位 ファンド名 信託報酬(税込) 実質コスト(税込) 純資産総額(億円)
1位 PayPay投信日経225 0.143% 0.426% 5
2位 ニッセイ日経平均 0.154% 0.157% 355
2位 eMAXIS Slim国内株式(日経平均) 0.154% 0.160% 214
2位 iFree日経225 0.154% 0.161% 330
5位 たわらノーロード日経225 0.187% 0.195% 644
5位 i-SMT日経225 0.187% 0.196% 7
5位 野村つみたて日経株 0.187% 0.194% 100
5位 Smart-i日経225 0.187% 0.207% 41
9位 日経225インデックスe 0.209% 0.218% 14
10位 iシェアーズ国内株式 0.358% 0.419% 44
11位 SMT日経225 0.407% 0.419% 407
12位 野村(Funds-i)日経225 0.440% 0.447% 597
13位 eMAXIS日経225 0.440% 0.446% 448
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。