今年中にしておきたいこと

私の娘は、今月になってやっとイデコ(個人型確定拠出年金)を始めました。私も含めて、なかなか重い腰が上がらないものです。今年も半月を残すだけになり、もしかすると今年中に終えておいた方が良いことがあるかも知れません。アメリカのキプリンガーの2022年12月6日の記事を基に、日本でもできることを考えてみましょう。以下は拙訳です。


年末に行うべきファイナンシャル・プランニングの7つのステップ

これからこれから話すことは1年のどの時期に行っても良いものですが、2023年を迎える前に行うことで、新しい年を新鮮で自信に満ちた気持ちで迎えることができます。

年末は、自分の一年を振り返り、これからの一年に思いを馳せる時期です。2022年がどのような年であったかを考える一方で、退職金制度の見直しや保険加入の評価など、年末に行うべきファイナンスのステップを考え、2023年をベストな状態で迎えるために、今からそのステップを実行するのは素晴らしいことです。

ファイナンスのステップその1:チャリティーに寄付をする

ホリデーシーズンといえば、チャリティーの季節です。この季節に寄付をするのであれば、寄付の記録と領収書を必ず保管してください。確定申告で控除を受ける場合は、寄付をしたことを申告して税金を安くすることができます。

12月31日以前の小切手は、たとえ年明けに現金化しても、今年の控除額としてカウントされます。クレジットカードにチャージして来年に返済する寄付金も同様で、2022年にチャージした場合は今年の控除額に算入されます。また、株式を慈善団体に贈与することで、自分自身のキャピタルゲインを避けることができることも覚えておいてください。

財務ステップ2:キャピタルゲインとその他の税金の見積もり

キャピタルゲインといえば、昨年は予想外のキャピタルゲインで多くの人を驚かせました。2023年にそのような経験をすることはないかもしれませんが、キャピタルゲインだけでなく、その他の税金についても前もって計画を立てるために、税務の専門家やファイナンシャル・アドバイザーと一緒に、自分の課税年度がどのようになるかを見積もっておくとよいでしょう。必要であれば、税金の概算払いをする可能性もありますし、準備しておくのが一番です。

財務ステップ3:ロスIRAへの転換を検討する

ロスIRAへの転換は、状況によっては、今年のあなたの経済的な動きとして適切かもしれません。今年は、市場が低迷しているため、特殊な年ですが、市場が回復すれば、非課税で成長できる可能性のある株式をより多く保有することになります。ファイナンシャル・プランナーは、ロスIRAへの転換があなたの状況に適しているかどうかを判断するお手伝いをします。

財務ステップ4:退職金計画を見直す

年末は、退職金プランを見直すのに最適な時期です。401(k)に十分な額を拠出していますか?もし、雇用主がマッチングしてくれるのであれば、十分な額を拠出するようにしましょう。もし、最大限の拠出をしていないのであれば、来年は1%拠出を増やしましょう。401(k)の拠出額の上限は来年から$22,500に引き上げられ、50歳以上の場合は$7,500が上乗せされますので、拠出額を計画する際にはその点も考慮してください。

財務ステップ5:金融庁の支出とHSAへの拠出を確認する

私たちの多くは、年末まで未使用のFSAアカウントを持っており、多くの場合、これらのアカウントは、お金が新しい年にロールオーバーされない “それを使用するか、それを失う “されています。このような場合、FSA口座の資金が新年に繰り越されることはありません。今のうちにFSA口座の資金を適格な医療費に充当し、資金が無駄にならないようにしましょう。

IRAのように、HSAは貴重な退職金積立手段となり得ます。HSAをお持ちの方は、リタイヤメントまで有効な投資手段となりますので、どのように拠出しているかを確認してみてください。

財務ステップ6:保険と財産設計の必要性を見直す

保険や財産設計のニーズは、1年を通して変化しているかもしれません。年に一度、保険や財産設計の書類を見直し、更新する必要がないことを確認しましょう。

人生のあらゆる局面で必要となる保険に加入していますか?あなたが不動産計画を持っているとすれば、受益者は、最新の状態にあるでしょうか?

あなたの財産計画のすべての文書が最新の状態であることを確認し、良好な順序で、同じ場所にあることを確認すべきです。また、保険料が適正価格であることを確認するために、時々、保険料の見直しをするのもよいでしょう。

財務ステップ7:大きな出費と緊急時の資金を計画する

年末は、来年の計画を立てるのによい時期です。特に、大きな出費があることが分かっている場合は、その計画を立てることをお勧めします。例えば、来年は車を買い替える必要があるので、そのための資金を計画的に貯めることができます。あるいは、来年は引っ越しをすることが分かっているので、引っ越し費用を節約することもできます。

また、緊急用の資金を十分に確保しておくのもよいでしょう。一般的な目安として、生活費の3~6カ月分を流動性のある口座に蓄えておくと、生活で起こりうる不測の事態に対応できます。

この7つのステップはいつでも実行できますが、年末は新たなスタートを切り、自分の人生を振り返るのにふさわしい時期なので、今から始めてみてはいかがでしょうか。

%d