強力なファイナンシャル・プラン

人生設計の中でファイナンシャル・プランを建てても、なかなか予定通りにはいかないものです。私は、40歳の頃と50歳の頃に、ライフプラン研修を受けましたが、その結果は全く異なるものでした。最初は、老後の資金が余るほどだったのでもっと使った方が良いという結果でしたが、2回目はこのままでは資金が不足するので対策を考えた方が良いというものです。社会情勢の変化、当人の年齢、当人の生活環境により、状況はどんどん変わっていくものです。ある程度余裕のあるプランを立てた方が良さそうです。

キプリンガーの2022年11月8日の記事で勉強しましょう。以下は拙訳です。


より強力なファイナンシャル・プランへの5つのステップ

常に正しい状態を保つことは不可能ですが、強力な計画を立て、常に現状を把握することで、どうしても悪いことが起こったときに対策を打つことができます。

多くの人は、ファイナンシャル・プランニングにおいて、確率を正確に評価し、リスクを評価する方法を知りません。その結果、何か問題が起きた瞬間に、そのファイナンシャル・プランは崩壊してしまう可能性が高いのです。なぜなら、人生には予測できないこと、想定していないこと、あるいは単に考慮するのを忘れたことが、いくらでも起こるからです。

計画を立てることが無意味なのではありません。計画を一回きりのイベントとして設定し、忘れるのではなく、プロセスとして扱う必要があるということです。また、途中で起こる不可避の不運、誤った判断、誤った仮定に耐えられるような、より強力なファイナンシャル・プランを構築するための戦略も必要です。

より良いプランを構築するために、未来を予測する必要はありません。私たちのファイナンシャル・プランニング会社では、常に正しいことをしようとはしていません。私たちの目標は、投資や人生におけるリスクを尊重し、確率が実際にどのように働くかを認識した上で、強力なファイナンシャル・プランを構築することです。ここでは、その方法をご紹介します。

1. 誤った安心感を持たないようにする

一般的な人は(数学を使う傾向がある人でさえ)、現実のシナリオに確率を適用することに苦労する傾向があります。2016年の選挙の後、ドナルド・トランプが勝ったことに人々がショックを受けたとき、そのことが鮮明に示されました。最高の世論調査員は、彼に30%程度の確率(opens in new tab)を与えていたのです。”Not as probable” は “impossible” を意味しない。

ほとんどの人は、成功の確率が低いことと成功の確率がないことを同一視していますが、何かが起こる確率が30%であることと、確率が0%であることとは、全く異なります。

より強力なファイナンシャル・プランを構築するためには、「成功の確率」を、最終的なお墨付きとして与えるモデルに頼ることはできません。モンテカルロ・シミュレーションは非常に有用ですが、驚くほど誤解を招く可能性もあります。特に、年齢が若ければ若いほど、想定していたのと違う結果が出る可能性があるのです。

計算式で70%の確率で成功すると言われた状況を見て、もう大丈夫だと思わないでください。しっかりとした計画を立てるには、時間が経つにつれて、常に見直すことが必要なのです。

2. 前提条件を慎重に検討し、一貫して継続できる行動を選択する

プランニングでは、うまく行くことを前提を避けることで、損失を被る可能性が顕在化する可能性を考慮することができます。CFP、作家、講演者であるカール・リチャーズがファイナンシャル・プランニングの会議で言った、この言い換えの言葉が好きです。リスクとは、すべてを考え尽くしたと思っていた後に現れるものです。

つまり、あなたが計画に組み込むのを忘れた1つのことが、飛び出してきてあなたを混乱させる可能性が最も高いということです。すべての現実を想定することはできませんが、合理的な仮定を用いることはできます。必ずしも「保守的」な計画を立てることが重要なのではありません。確実なファイナンシャル・プランを構築するには、一貫した計画を立てることです。

例えば、あなたが40代で、キャリアと収入のピークにある場合、急成長している給与が時間とともに増加し続けることを期待するかもしれません。おそらく、毎年5%から7%の上昇を期待していることでしょう(過去数年間、そうだったから)。

しかし、それは10年、15年、20年先まで持続可能とは限りません。そのような仮定をした場合、収入の伸びが鈍化したり低下したりすると、計画がうまくいかなくなる可能性があります。そこで、積極的な仮定を使う代わりに、単に時間の経過とともに所得の伸びが小さくなる(例えば2.5%)と仮定すればいいのです。

すべての場面で最悪のシナリオを想定する必要はありませんが、すべての変数で最高のものを想定することもできません。予想されることを控えめにすることで、関係なくうまくいく計画を立てることができるのです。

ここでは、プランに含まれるいくつかの仮定を簡単に説明します。

  • 収入と、いつまで働くか、一定の給料を稼ぐと予想するか
  • 現在とリタイア後の生活費
  • 投資収益とあなたの投資の時間軸
  • インフレ率
  • 具体的な目標、その費用とスケジュール
  • 変数によっては、期待値を過小評価したり(収入や投資リターンの場合)、過大評価したり(支出やインフレの場合)したい場合があります

3. 人生とは、表計算ソフトの外で起こるものだと思え

どんなファイナンシャル・プランも、そこに入力する情報とせいぜい同じくらい良いものでしかありません。スプレッドシートを使いこなすことができれば、紙面上で多くのシナリオを作成することができ、あなたが聞きたいストーリーを数字で伝えることができます。しかし、スプレッドシートは、あなたの日常生活の文脈を捉えることはできません。

なぜなら、あなたが実際に経験するのは、短期的な現在の自分自身だからです。一方、ファイナンシャル・プランは、未来の自分のために長期的な決断をする必要があります。それは、あなたが全く知らない「自分」です。

その摩擦を認識した上で、今日の生活を楽しみつつ、明日のために責任ある計画を立てるというバランスを取ることが、優れたプランの目的です。

4. 成功に導くために一つの要素に依存しない

積極的あるいは過度に楽観的な仮定ではなく、合理的な仮定を用いるとともに、計画の中で一つの要素にどれだけの比重を置くかに注意すること。これは、投資ポートフォリオと同じです。1つのカゴにすべての卵を入れるのではなく、分散させるのです。

このようなシナリオは、ひとつの変数に過度に依存しようとするお客様に、よく見受けられることです。

  • 多額のボーナス、コミッション、目標通りの収益に依存し続ける。
  • リフレッシュ・グラント(実際には保証されていない)により、長期にわたって一貫した株式報酬を受け取ることを期待する。
  • 20年後の年金支給額を予想する(転職の場合は考慮しない)。
  • 実現しないかもしれないIPOと、変動する可能性がある高い株価を待つこと。

1年や2年の予測ならいいかもしれませんが、10年、20年、30年先までこれらを当てにするのは、計画を失敗させることになります。

ボーナス、コミッション、目標達成による利益が給与に100%上乗せされると予想するなら、50%を予想しましょう。年金がある場合は、現在保証されている年金額と、その会社でさらに20年働いた場合に受け取れるであろう年金収入の予測値で、退職後の収入を予測するのです。

金融リテラシーだけでは必ず失敗する理由

今日、RSU(譲渡制限付株式ユニット)がもらえるなら、それを考慮しますが、今後5年間の追加付与は予測しない。IPOは期待しないことです。これは完全にコントロール不能であり、(a) 自分の会社がIPOする、(b) IPOすれば多大な利益を得る、という前提で財務計画全体を構築することはできないからです。

5. 変化を考慮する

成功の可能性が高い計画は、人生の変化に対する自然なバッファを備えています。例えば、景気後退による企業のレイオフ、パンデミックやその他の自然災害による経済成長の停止(したがって投資収益も)などがそれにあたります。

それ以外の要因は、自分でコントロールできる可能性があり、これらは必ずしも悪いことではありません。キャリアや生活環境、目標について、単純に考えを変えることもできます。個人的な、あるいは家族内の力学が予測不可能な形で変化し、ファイナンシャルプランに大きな狂いが生じる可能性があります。

私自身、妻との間に子供ができたときに、このことを経験しました。何年も前から、私たちはどちらの選択肢を選ぶか分かりませんでした(そして、選択によって子供を持たないことに傾いていたことさえありました)。私たちのファイナンシャルプランは、現在の現実を反映していました。「大学進学のための貯蓄」という目標はありませんでしたし、大家族の出費に対応するために必要な、一般的に高い支出も考慮に入れていませんでした。

しかし、私たちが行ったのは、プランにバッファーを持たせることでした。具体的な戦略としては、「退職」という非常に積極的な目標を設定し、私が50歳になった時点で収入が途絶えることを想定して計画を立てました。実際には、こんなに早く引退したくはなかったんです。私は自分の仕事とビジネスを愛していますし、その時点ですべての収入がストップし、投資で生活し始めると仮定することは、かなり考えにくかったのです。

しかし、このプランがうまく機能するためには、非常に大きな貯蓄率が必要であり、私たちは、こんなに若くして引退する可能性はないと思っていたにもかかわらず、このプランに固執しました。長年にわたって貯蓄率を高めてきたおかげで、子供を持つことになったときにも、その方針を変えることができました。

退職年齢を早め、現在の貯蓄率を下げることで、計画を調整しました。また、貯蓄率を下げることでキャッシュフローを確保し、新しい子供のための支出を賄えるようになりました(大学進学資金など新しい優先事項にも充てることができます)。

計画に適切なバッファーがないと、計画は破綻し、もしかしたら簡単に回復できないような失敗をするかもしれません。私たちは、計画を立てる際にこのような失敗を避けたいのです。

本当のお金の安全保障のために、誰もがやっていることをやってはいけない

要は、変化は悪いことばかりではなく、何らかの形で必ず起こるということです。強力なファイナンシャルプランとは、あなたにとって最も重要なものをあきらめることを強いることなく、方向転換を可能にするものなのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。