新年のファイナンシャル・プランニング 10項目

2023年は転換の年

現在改正中のNISA、つみたてNISAが2024年1月から施行されると、2023年にはその準備をしておく必要があります。また、来年は景気後退から反転上昇の年と言われていますので、何らかの変化があるかも知れません。さらには、日本の新型コロナの対策もアメリカのように、ウィズ・コロナ方式に変わるかもしれませんし、ウクライナ侵攻、中国のゼロコロナ政策見直しの影響もありそうです。

新年のパーソナル・ファイナンスを、キプリングの2022年12月10日の記事を基に考えてみましょう。以下は拙訳です。


新年のファイナンシャル・プランニングで考えるべき10のポイント

2023年は経済的に厳しい年になると言われています。ファイナンシャルプランとライフプランをベストな状態にする方法をご紹介します。

2023年が厳しい年になるという事実から逃れることはできませんが、新年のファイナンシャル・プランニングに注力することで解決できるかもしれません。

インフレ率の高騰や金利の上昇、パンデミックやウクライナ戦争の影響など、経済情勢は当面、予測不可能な状況が続くと予想されます。

しかし、世界のマクロ経済や地政学的な状況に影響を与えることはあまりできませんが、今後12カ月間に何が起ころうと、自分自身のファイナンスを十分に強固にする方法はたくさんあります。

冷静な計算から親密な人間関係まで、新年に向けてファイナンシャル・プランで考慮すべき10の事柄をご紹介します。

1.  受取人を見直す

預貯金口座、保険、退職金制度など、すべての口座の受取人(つまり、あなたが死んだ場合にお金を受け取る人)が、あなたの希望する人であるかどうかを確認する良い機会です。

2. 源泉徴収の限度額の引き上げを利用する

源泉徴収率を9.76%上げることで、2023年も401(k)の積立機会を最大化することができます。例えば、2022年に$250,000を稼ぎ、49歳以下で拠出額を最大にした場合、源泉徴収率は8.2%となります(その年は$20,500の貯蓄)。2万2500ドルの上限引き上げをフルに活用するには、2023年に8.2%から9%に引き上げる(9.76%の引き上げ)ことを計画します。

一方、50歳以上の方は、3万ドルの新制限をフルに活用するために、年間の源泉徴収率の適切な引き上げ率は11.1%です。2022年に最大限の貢献をしなかった場合、2023年末までに10%に達するように、1月に10%、または四半期ごとに2.5%ずつ源泉徴収率を上げることも検討すべきです。

3. HSAを最大限に活用する

HSA(医療貯蓄口座)を利用すれば、税引前で医療費に充当することができます。また、HSAは、税金を免除される最後の投資手段でもあります。必ず活用してください。

4. 社会保障掛金の賃金の使い道を決める “Pay Rise”.

2023年、社会保障掛金は、あなたが$160,200を稼ぐまで、あなたの給与の6.2%を取ることになります。つまり、20万ドル稼いだら、その16万200ドルのベースに達するまで、毎月の給料から6.2%が差し引かれます(年収20万ドルなら月給は1万667ドルなので、約10カ月かかる)。

その後、ソーシャル・セキュリティは支給を停止し、11月と12月に毎月1,033ドル(月給16,667ドルの6.2%)を自動的に「昇給」させることになります。

そのお金が日々の支出に消えていくのではなく、意図的に貯蓄に回すことを考えましょう。給料が上がれば上がるほど、その分早く、そして大きくなります。キャリアを積んでいけば、かなりの貯蓄になるはずです。

5. RMDを活用する

政府の必要最低分配額(RMD)規制により、72歳になった年からIRAや401(k)の貯蓄を取り崩すことが義務付けられています。この支払いには税金がかかります。

そこで、すでに生活資金を十分に持っているのなら、RMDを利用して慈善団体に直接投資することを計画してはどうでしょう。税金を払うことなく、あなたが情熱を注いでいる活動を支援することができます。

6. セルフケアに投資する。

心身の健康に気を配ることは、かつてないほど重要になっています。特に、少なくとも1回(1〜2週間)の長期休暇と、4〜5日程度の短い休暇を3回計画するようにしてください。その時間を使って、エンジンを再充電するのです。4.で紹介した”Pay Rise”を利用するのも一案です。

7. 両親のプランを見直す

考えるのはつらいことですが、親が自分の面倒を見れなくなるときが来るかもしれません。そのため、今のうちから親の資産状況や、将来どうなってほしいかについて話しておくとよいでしょう。そうすれば、不愉快なサプライズがあって、自分の計画に影響を与える可能性も低くなります。

8. 子供を参加させる

あなたが親の計画を理解する必要があるのと同じように、あなたの子供があなたの計画を理解するようにするのは良いアイデアです。もちろん、彼らがそれをすべて受け入れるのに十分な年齢であればの話ですが。子どもたちと、あなたの経済状況や、あなたが信じている価値観、活動、倫理観について、率直に話し合ってみてください。

9. どのような人間関係に重点を置くかを決める。

私たちの多くは、友人や家族と過ごす時間がもっとあればと願っていますが、現代生活の忙しさがそれを邪魔していると感じています。ですから、今こそ、2022年に十分に会うことができた人たちと、そうでなかった人たちを振り返る絶好の機会なのです。そして、来年は自分にとって大切な人間関係を育むために、どのように時間とエネルギーを投資するかを計画するとよいでしょう。

10. ビジネスオーナーなら、貯蓄を増やす。

インフレに先んじるための非常に効果的な方法のひとつは、貯蓄を増やすことです。もしあなたがビジネスオーナーで、十分なキャッシュフローがあるならば、キャッシュバランスプランへの投資を検討すべきです。

そうすれば、401(k)とプロフィット・シェアリングの拠出金に加えて、343,000ドルもの貯蓄が可能になります。キャッシュバランスプランへの拠出は、適切に構成されていれば、完全に税額控除されるため、貯蓄を加速させ、退職後の巣ごもりを築くのに最適な方法であることを忘れないでください!キャッシュバランスプランへの拠出は、税額控除されるため、貯蓄を加速させるのに最適な方法です。

%d