アメリカでは遺言書を書かない人が増えている

団塊の世代が後期高齢者へと移行し、今後10~20年は相続の時代になります。日本の団塊の世代は昭和22年から24年に生まれた人たちを指しますが、アメリカのベビーブーマーはは1946年から1964年に生まれた世代です。今、アメリカでは遺言書を書かない人が増えているそうです。

2023年10月3日のUSA TODAYの記事を読んで見ましょう。以下は拙訳です。

Where’s the inheritance? Why fewer older Americans are writing wills or estate planning


相続財産はどこへ?遺言書や遺産分割協議書を書くアメリカ人高齢者が減った理由

遺言書を書く高齢のアメリカ人が減っていることが調査で明らかになった。

ボストンカレッジのリタイアメント・リサーチ・センターが8月に発表した分析によると、死後に資産を分配するための遺言書や信託を持つ70歳以上の世帯の割合は、2000年代半ばから減少の一途をたどっている。2008年から2018年の間に、その割合は70%から63%に低下した。

この減少傾向は、アメリカの高齢者の多様化を反映している。高齢者はこれまで以上に黒人やヒスパニック系である可能性が高く、これらの人々は非ヒスパニック系の白人よりも遺言を残したり遺産を受け取ったりする可能性が低い。

ボストン・カレッジのシニア・リサーチ・エコノミスト、ガル・ウェットシュタイン氏は言う。「誰が遺言を書いていないかを調べたところ、ヒスパニック系でない黒人とヒスパニック系が圧倒的に多かったのです」。

この学術的分析は2018年で終了しているが、他の調査によれば、遺産分割協議の継続的な減少が示唆されている。

介護サイトCaring.comによる2023年遺言と遺産計画調査によると、2020年から2023年の間に、55歳以上のアメリカ人で遺言を持っている人の割合は48%から46%に減少した。この調査は、YouGov社による2,483人のアメリカ人を対象とした代表的な調査である。

「遺言を書くのを先延ばしにする傾向があるようです。どんなに良い状況であっても、それは不快なプロセスだと思います。」とウェットシュタインは言います。

ある分析によれば、アメリカの富の15%から46%は継承されたものである。

遺言や信託では、人は自分の死後、財産やその他の資産をどのように分配するかを指示する。遺言なしに誰かが亡くなった場合、地元の裁判所が介入することになる。

ウェットスタインによれば、問題はそこから始まるのだという。

「私はピアノをめぐって家族が崩壊するのを見てきました。」

家財の中で最も価値のあるものであることが多い実家について考えてみよう。生きている最後の親が亡くなると、州法では一般的にその住居を残された子供たちで分けることになる。

「家を分けるのは簡単ではありません。」とウェットシュタインは言います。

財産をどうするのか、残すのか売るのか、維持費や固定資産税をどうするのか、遺族の意見が食い違うこともあります。その結果生じる対立は、仲睦まじい兄弟を苛烈な訴訟当事者に変えてしまうこともある。法廷闘争はもちろん弁護士費用を生み、不動産を損して売却することになるかもしれない。

「結局、資産の多くを無駄にしてしまうかもしれません」とウェットスタインは言う。

同じジレンマは、家業やその他の大切な資産を分割する際にも起こりうる。

「ピアノのために家族がバラバラになるのを見たことがある」と、アラバマ州フーバーの公認ファイナンシャル・プランナー、アシュリー・フォルクスは言う。

アメリカで増加傾向にある非伝統的家族では、遺言検認の問題がさらに浮上する可能性がある。単身者、結婚していない同棲相手、祖父母などが世帯主である世帯が多い。

州法はこれらのシナリオをカバーしていないことが多い。例えば、未婚のパートナーの一方が死亡した場合、「州はもう一方が相続人であるとは必ずしも認めません」とウェットスタイン氏は言う。

遺産計画の用語や文書を理解することで、あなたの愛する人たちの最善の利益を現在も将来も確実に守ることができる。

誰も自分の死について計画したがらない

ほとんどのアメリカ人は、遺言書を書くことは重要だと考えている。ほとんどの人が、いつか書くつもりでいる。専門家によれば、先延ばしは遺産計画の敵である。

テキサス州プラノの公認ファイナンシャル・プランナー、アンドリュー・ハーゾックは、「時間がかかるし、複雑だし、人によっては死について考えたくないかもしれない」と言う。

ヘルツォークは最近になって、自分の遺書を書くようになった。

「私は結婚していて、子供が一人いて、もう一人生まれる予定です。」

結婚して、子供が一人いて、もう一人生まれる予定です。また、R&Bのアイコンであるアレサ・フランクリンと複数の手書きの遺言書(そのうちのひとつはソファのクッションの中から発見された)をめぐる争いのような、遺言書争奪戦のニュースからインスピレーションを得る人もいる。

Caring.comの調査では、遺言書を書いていない回答者の42%が単純な先延ばしのせい、35%がわざわざ書くほどの資産がない、15%が手続きの仕方がわからない、14%が手続きが高すぎると答えている。

「人々は本当に忙しく、先延ばしにしていて、必要性を感じず、お金がかかると思っているのです」とフォルクスは語った。

COVIDは多くのアメリカ人を遺言書作成に駆り立てたが、そのほとんどは若者だった。Caring.comの報告書によると、18歳から34歳のアメリカ人のうち、遺言書を持っていると答えた人の割合は、2020年の16%から2021年には27%に急増した。奇妙なことに、遺言書の普及率はこの間、より高い年齢層では減少している。

遺言書作成のために弁護士を雇うと、平均的なアメリカ人で1,000ドルから2,000ドルかかるかもしれない、とファイナンシャル・プランナーは言う。オンライン遺言なら、一般にもっと安い。

黒人やヒスパニック系の家庭は、遺言書を持つ傾向が低い

遺言書を書く高齢のアメリカ人が減っている理由は、先延ばしや厳しい予算だけでは説明しきれない: これらは長年にわたる懸念事項である。

ウェットシュタイン氏は、遺言書の減少が何よりもアメリカの高齢者の多様化を反映していると推論する。

連邦政府の高齢化対策局によれば、65歳以上のアメリカ人に占める人種的・民族的マイノリティの割合は、2010年の20%から2020年には24%に増加する。

ボストンカレッジの調査によると、黒人やヒスパニック系の家族は、ヒスパニック系でない白人に比べて、遺言書を持つ傾向が著しく低い。他の情報源も同様である。

Caring.comの報告書では、白人の39%が遺言書を持っていると回答したのに対し、黒人は29%、ヒスパニック系は23%であった。

「ヒスパニック系とアフリカ系アメリカ人を見ると、彼らは人生の後半に富を築く傾向が強い。彼らは資産を築くことに集中しているのです。つまり、遺言書の準備に手が回らないということかもしれません」と、全米高齢者協議会の経済的・財政的安全保障担当ディレクター、ジュヌヴィエーヴ・ウォーターマンは言う。

ボストン・カレッジの分析によると、アメリカ黒人とヒスパニック系は、相続を受ける可能性が白人に比べて著しく低い。1992年から2018年にかけて、ヒスパニック系アメリカ人は、社会経済的プロフィールが似ている非ヒスパニック系白人よりも、遺産を得る可能性が23%低かった。黒人は遺贈を受ける可能性が25%低かった。

黒人やヒスパニック系が遺産を相続する場合、その額は少ない。ボストン・カレッジの研究者たちが調査した数年間で、アメリカ黒人は非ヒスパニック系白人より平均7万5,000ドル少なかった。ヒスパニック系は41,000ドル少ない。この相続格差は、アメリカの富における歴史的な人種格差を永続させ、増幅させている、と報告書は結論づけている。

家族喧嘩を始めたい?遺言なしで死ぬ

一部のアメリカ人にとって、遺言書がないことは大したことではない。婚姻歴のない)夫婦とその子供で構成される「伝統的な」家族の場合、州の遺言検認法は比較的簡単である。投資口座や生命保険契約を持っている人は、受取人を指定することができる。

それ以外の人については、財産設計が非常に重要だと金融専門家は言う。

「マサチューセッツ州エイムズベリーの公認エステート・プランナー、スティーブン・スタンガネリは言う。「移り変わりは問題を引き起こすからです」。

%d