年末に向けたチェックリスト

今年も残り2か月余りとなりました。年が明けると、確定申告の季節になりますし、新年の計画を実行する時期です。したがって、年末までに今年を振り返り、現状を確認して、今年中になすべきことを終えておきたいものです。アメリカでは、どのようなことに気を付けているのかを、2022年10月2日のキプリングの記事で勉強します。以下は拙訳です。


年末に向けたお金のチェックリスト

今すぐ準備すれば、調整する時間を確保できる

現状を把握するのが早ければ早いほど、後でストレスを感じることなく、変化に対応することができます。第3四半期の終わりから第4四半期にかけては、金融資産や投資の計画をチェックする重要な時期です。年末の金融資産チェックリストは、年初に設定した目標の進捗状況を確認しながら、年末までの3ヶ月間に必要な調整を行うことができる、「両者の良いとこ取り」のようなものなのです。

このタイムラインを念頭に置きながら、年末までに検討すべき重要な事項を紹介し、あなたのファイナンシャル・プランを確実に軌道に乗せるお手伝いをします。

投資計画

2022年の市場の変動を考えると、多くの投資家が損金算入のためにTLH(tax-loss harvesting)を利用する機会があると思われます。投資家は年末までにTLHを完了させなければなりませんが、後であわてて決定するのではなく、早めに戦略的なポートフォリオの変更について考え始めることが有益です。

株を売ったり、買い直したり?ウォッシュ・セール・ルールに注意

(注)ウォッシュセールとは、損失のある証券の売却と、その直前または直後の同じまたは実質的に同一の証券を買い戻すことです。そのような販売による損失は、ほとんどの場合、米国の内国歳入法の下では控除できません。

さらに、私はいつもこの時期に顧客と一緒に、彼らの投資計画全体の「健康診断」を行うことにしています。そのポートフォリオは、短期的・長期的な目標を達成しているか?市場のボラティリティを考えると、リバランスやさらなる分散を検討する余地はあるか?また、2023年までを見据えて、キャッシュ・ポジションに影響を与える可能性のある合併、、買収、新規株式公開などの投資の予定があるかどうかを判断することも重要です。

緊急用資金

バンガードでは、6ヶ月から12ヶ月分の費用を緊急資金として用意することの重要性をお客様に強調しています。もしお客様が現金を調達する必要がある場合、貯蓄や支出の目標を調整する以外に、場合によってはポートフォリオを売却して現金を調達したり、年末までに必要最低限の分配金を受け取り、課税口座に留保して引き出すなど、節税効果の高い手段を取ることも可能です。

退職金計画

私はよくお客様に、給与の12%から15%を退職金として貯蓄するよう努力するようお伝えしています。今年も残り数ヶ月、従業員は401(k)の拠出状況を確認し、繰り延べを増やせるか、増やすべきかを判断する必要があります。

IRA

IRA(個人退職積立勘定:Individual Retirement Arrangement の略で、個人の退職年金プランの一つです。銀行などでも開設することができ、401(K) Plan と同様に拠出額及び運用益がFederal Income Tax 上、年金を受け取るまで非課税となります。)の場合は、来年の4月15日まで拠出が可能です。市場のボラティリティを考慮すれば、過去8〜9ヶ月間の市場価格と比較して、現在の「低い」価格を利用するために、今寄付を検討することも可能です。いずれにせよ、長期的な老後生活の目標を達成するために、これらの制度がどのような状況にあり、拠出を増やすことが合理的であるかどうかを確認することが重要である。

Roth IRA

また、税負担率によっては、伝統的なIRAを保有する投資家がRoth IRA(Roth IRA は、IRA (Traditional IRA) のように、拠出額を非課税扱いとすることができませんが、将来年金を受け取るときに全額非課税扱いとなります。)に変換することも意義があるかもしれません。Roth IRAに転換すると、退職後に非課税で資金を引き出すことができ、伝統的IRAのように必要最低分配額を必要としません(これらの投資家は、72歳に達した後に毎年分配する計画を持つ必要があります)。さらに、Roth IRAは相続人に所得税のかからない遺産を残すことができます。

必要最低分配額のことを考えると、とてもとても怖いです。

コンバートを希望する投資家にとって、2022年、2023年、あるいはそれ以降に税負担をするかどうかが大きな判断材料になります。伝統的なIRAからRoth IRAに変換したお金は、通常の所得として課税されます。例えば、10万ドルの旧来のIRAのうち2万ドルを変換した場合、その2万ドルは変換した年に課税されます。

換金のタイミングは、どの年に最も有利な税制があるかで判断する必要があります。例えば、2023年にリタイヤする予定の投資家は、2022年よりもその年にRothに転換した方が、利益が少なくなるため、戦略的であると言えます。

チャリティー寄付

毎年、投資家が犯す最大の間違いの一つは、たとえ善意であっても、12月末まで寄付を実行するのを待つことです。秋のうちに、より広い視点に立ったファイナンシャル・プラニングの中で、慈善寄付をどのように位置づけるかを考えておく必要があります。一回きりの決断や、単に「小切手を切る」と考えるべきではありません。むしろ、慈善寄付は長期的な目標を達成するための一貫したものであるべきです。

例えば、税制上の優遇措置を最大限に活用する方法を考えてみましょう。今年は市場の変動が激しいので、ポートフォリオの保有株を「刈り込み」、その株の資産を寄付する方法として、有価証券を贈るのがより合理的かもしれません。

適格慈善寄付

もう一つの方法は、70歳半以上の投資家向けの適格慈善寄付です。適格慈善寄付では、従来のIRAから10万ドルまで取り出して、適格慈善団体に直接寄付することができます。この慈善寄付は、必要であれば必要最低分配額を相殺することもできます。適格慈善寄付の利点は2つあり、適格慈善寄付の要件を満たし、課税対象となる分配金への課税を回避すると同時に、慈善寄付の目的を達成することができます。

旧来のIRAの2022年拠出限度額

このような決断は、今年も残りわずかというときに行うべきでなく、また、より大きな長期的な財務計画にプラスの影響を与える可能性があるときには、決して単独で行うべきでもありません。

年末まであと数ヶ月、投資家は、自分の金融資産、投資、退職の目標について、振り返ると同時に前を向く時間を活用すべきです。この戦略的なチェックポイントは、これまでの計画の健全性を確認する機会であると同時に、必要であれば、経済的成功への道を確実に歩むために、方向転換する時間も十分に確保できる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。