賢い投資家になる

賢い投資家になる方法について、2023年11月9日のCNBC makeitの記事を読んで見ましょう。以下は拙訳です。

3 charts that will make you a smarter investor in 5 minutes


5分で投資家が賢くなる3つのチャート

投資について学ぶと、何か巨大で難解な書物を読んでいるような気分になることがある。深く知れば知るほど、新しい専門用語やギリシャ文字やハンディなグラフ電卓機TI-84を学ばなければならないことに気づく。

この記事はそのようなものではない。

その代わりに、次の3つのチャートを見てほしい。それぞれが重要な教訓を示しており、それを身につければ、より賢明な投資家になれるだろう。

早期投資の美徳

毎月200ドルを継続的に投資すれば、45年間で100万ドル以上に成長する可能性がある。

コラム・チャートは、1,000ドルの投資を45年間続け、その後毎月200ドルを8%のリターンで拠出した場合のリターンを示している。

投資リターン

リターンを最大化するために、いつ市場に資金を投入すべきかを正確に知ることは難しい(不可能に近い)。しかし、もしあなたが若い投資家なら、投資に最適な時期は昨日である。そして2番目に良いタイミングは今だ。

というのも、生涯にわたって投資を成長させる鍵は複利だからだ。そして、複利を最大限に活用する最善の方法は、できるだけ長く複利に働いてもらうことだ。

IRAHelp.comの発行人であるエド・スロットは、CNBC Make Itの取材に対し、「誰もが持ちうる最大の金儲け資産は時間です」と語っている。

上のグラフは、初期投資額を1000ドルとし、その後毎月200ドルを投資する3人の投資結果を示している。投資を始めてから67歳で引退するまで、それぞれ年率8%のリターンを得ている。

唯一の違いはある: 1人は22歳から、1人は27歳から、3人目は32歳から投資を始める。

早く投資を始めた投資家が圧倒的に有利だが、それは投資額が多いからではない。

45年間市場に投資した結果、22歳で始めた投資家は10万9000ドルを市場に投入した。しかし、110万ドル近くを投資したことになり、遅く始めた投資家の2倍以上になる。

分散投資のケース

直近20年間のリスクとリターン

現金およびその他の資産

ドット・プロットは、さまざまな証券カテゴリーの年率収益率を標準偏差と対応させて示している。

  • 現金
  • 中核債
  • グローバル中核債
  • ハイ・イールド債
  • 10年超長期債
  • 商品
  • 先進国株式
  • 米国大型株
  • 米国小型株
  • 不動産(REIT)
  • 新興国株式

上のグラフは、2023年8月までの20年間に12の資産クラスをプロットしたものである。X軸は標準偏差で、これはボラティリティの指標である。Y軸は20年間の年率リターンを表している。

投資家に人気のある銘柄が、ここではかなり良く見えていることにお気づきだろう。米国の大企業株(S&P500のような人気指数)は、他のすべての株式カテゴリーを含め、よりボラティリティが高いにもかかわらず、どの資産クラスよりも高いリターンを記録した。

これらの銘柄が多くの投資家のポートフォリオの中核を占めているのは良いことだ。

しかし、それでも分散投資した方が賢明だと金融専門家は言う。ひとつには、他の資産を加えることでリターンを高めることができるからだ。米国株はこのところ好調だが、過去の実績は将来の結果を保証するものではない。

「CFRAのチーフ・インベストメント・ストラテジスト、サム・ストボール氏はMake Itの取材に対し、「国際株は10年近く振るわなかったが、平均への回帰というものもある。いずれ、国際株は復活する。ウェイン・グレツキーがよくやっていたように、パックのあるところではなく、パックの向かうところにスケートをするのだ」。

中堅・中小企業株も、いずれは日の目を見る日が来るだろうと専門家は言う。

さらに、資産を分散して保有することで、時間の経過をスムーズにすることができる。結局のところ、大企業株は他の種類の株に比べて20年間変動が少なかったとはいえ、S&P500の投資家は2007年から2009年の弱気相場では56.8%、2020年には33.9%、2022年には25.4%の下落を我慢しなければならなかった。

異なる市場の力によって異なる動きをする投資対象を保有することで、中核となる保有株式が低迷しているときでも、ポートフォリオの何かが常に機能していることを効果的に保証することができる。

1987年を思い出す

1982年以降の弱気相場とS&P500

①1987年8月25日~1987年12月4日:-33.5%
②2000年3月24日-2002年10月9日:-49.1%
③2007年10月9日~2009年3月9日:-56.8%
④2020年2月19日~2020年3月23日:-33.9%
⑤2022年1月3日~2022年10月12日:-25.4%
注:網掛け部分は、ヤルデニ・リサーチが定義するピークから谷までの弱気相場を表す。
チャート ガブリエル・コルテス / CNBC
情報源 ファクトセット、ヤルデニ・リサーチ
2023年11月17日マーケットクローズ時点のデータ

経済や株式市場の日々のドラマに巻き込まれるのは簡単だ。FRBは物事を正しく判断するのだろうか?すべてが崩れ去るのか?

市場が慌ただしくなったら、1987年を思い出してほしい。

当時、市場のニュースを見ていなかった読者のために言っておくが、とにかくひどかったのだ。この年の10月19日、ダウ工業株30種平均は22.6%下落した。この日はブラックマンデーとして知られるようになった。

当時の見出しは恐ろしいものだった。暴落!パニック!ウォール街は大混乱!1987年8月25日から12月4日の間に、米国株式市場は33.5%の損失を被った。

ヘッドラインは再び怖くなるだろう。そしてあなたのポートフォリオは、1987年の投資家のポートフォリオのように醜く見えるだろう。そうなったら、上のチャートに戻るか、Googleに「S&P500」と入力して「Max」をクリックしよう。

株式市場の歴史的な上昇の軌跡は、当時は大惨事であったことを、あなたの画面上の一瞬の出来事にしてしまう。結局、すべての不況は一瞬の出来事になっている。

市場がこれまでと同じように動き続ける限り、あなたのポートフォリオが今日、明日、来年どうであろうと、投資家としての数十年のキャリアの中では、最終的には大した問題にはならない。

%d