VT:バンガード・トータル・ワールド・ストックETF:2022年6月

純資産総額が小さいVT

VTは全世界に投資できるので、株式ETFとしては日本で人気のある銘柄です。しかし、SPYやIVVに比べると純資産総額があまり大きくありません。その理由は、この銘柄は全世界に投資するため、エリア的な分散としては完璧であり、アメリカのファイナンシャル・プランナーが顧客に勧めないからだそうです。この1銘柄を勧めると、ファイナンシャル・プランナーはやることが無くなり、おまんまの食い上げになってしまうからだそうです。しかし、分散ということであれば、ほかにも時間的な分散や、債券、リートなど他のカテゴリーとの分散もありますので、そちらも検討してみる価値はありそうです。

全世界分散型の投資信託

日本においては、このETF以外に全世界に分散できる投資信託があります。2022年5月末時点の流入額上位の銘柄は以下の通りです。低コストのインデックスファンドは赤で表示しました。それ以外は、購入時手数料と実質信託報酬が高コストなので、買わないようにしましょう。

順位 ファンド名 資金流入(1カ月)(億円) 購入時手数料(%) 実質信託報酬(%)
1位 eMAXIS Slim 全世界株式(オール) 366 0 0.1144
2位 ファンドスミス・グローバル・エクイティ・F 154 3.3 1.8335
3位 eMAXIS Slim 全世界株式(除日本) 76 0 0.1144
4位 楽天・全世界株式インデックス・ファンド 73 0 0.2020
5位 DCつみたてNISA全海外株インデF 30 0 0.2750
6位 SBI・全世界株式インデックス・ファンド 30 0 0.1102
7位 世界バリュー株式ファンド B(年2・NH) 29 3.3 1.6500
8位 クライメート・ソリューション・ファンド 25 3.3 1.8430
9位 世界バリュー株式ファンド D(毎・予・NH) 21 3.3 1.6500
10位 野村つみたて外国株投信 18 0 0.2090
11位 Gソーシャル・デベロップメント・F 17 3.3 1.1000
12位 SBI・V・全世界株式インデックス・F 15 0 0.1438
13位 ベイリー・ギフォード世界長期成長株F 15 3.3 1.6445
14位 徹底分散グローバル・サステナビリティ株F 9 3.3 0.8395
15位 G・デジタルヘルスケア株F(年2・Hなし) 7 3.3 1.8975
16位 グローバル水素株式ファンド 7 3.3 1.6885
17位 世界インパクト投資ファンド(資産成長型) 7 3.3 1.9800
18位 バロン・G・フューチャー戦略F(資産成長) 6 3.3 1.9645
19位 eMAXIS 全世界株式インデックス 6 0 0.6600
20位 グローバル仮想世界株式戦略ファンド 6 3.3 1.9480

(注)19位の銘柄は「Slim」が付いておらず、高コストなので、間違って買わないようにしましょう。


VTデータの翻訳

世界最大級の資産運用会社であるバンガード社の日本法人(バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社)が2021年2月28日をもって廃業しました。その結果、日本語版のETFの商品説明をやめてしまったので、英語版を日本語に翻訳してその内容を確認します。

商品概要

  • 外国株式と米国株式の両方に投資します。
  • FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスへの連動を目指します。
  • 成長性が高い反面、リスクが高く、米国や海外の株式ファンドに比べ、株価の上下動が大きい。
  • 長期的な目標にのみ適している。

ETFの概要

  • アセットクラス:国際/グローバル株式
  • カテゴリー:世界の株式
  • IOVティッカーシンボル:VT.IV
  • 経費率:2022年02月25日現在 0.07%
  • CUSIP:922042742
  • ETFアドバイザー:バンガード エクイティ インデックス グループ

価格と利回り

  • 市場価格:2022年6月17日現在  $83.96
  • 基準価額:2022年6月17日現在  $83.97
  • プレミアム/ディスカウント:  -$0.01

リスクポテンシャル

「中位」から「積極的」に分類されるバンガードのファンドは、幅広く分散投資されていますが、実質的にすべての資産を普通株式に保有しているため、株価が大きく変動する可能性があります。これらのファンドは、長期投資(10年以上)を考えている投資家に適していると思われます。

パフォーマンス

年間平均リターン 2022年5月31日現在

1年間 3年間 5年間 10年間 2008年6月24日設定以来
トータルワールドストックETF -7.21% 11.84% 9.09% 10.51% 6.88%
Spliced Total World Stock Index(ベンチマーク) -7.16% 11.89% 9.14% 10.59% 6.92%

1万ドルの仮想的な成長 2022年5月31日現在

⇒ 10年前に1万ドル投資していたら、27,155.93ドルに増えていたことになります。VOOは38,242.57ドルでしたから、過去10年間はアメリカ株に投資しておいた方が良かったことになります。

ポートフォリオ構成 地域配分 2022年5月31日現在

10.20% 新興国市場
16.00% 欧州
11.00% 太平洋
0.20% 中東
62.60% 北米

特徴  2022年5月31日現在

  • ファンドの純資産総額:332億ドル
  • 銘柄数:9488
  • 上位10銘柄の純資産額:14.1%

月末時点の保有状況 2022年5月31日現在

順位  銘柄                                                                          パーセンテージ
1.アップル                            3.30%
2.マイクロソフト(株)                        3.00%
3.アルファベット                         1.90%
4.アマゾン・ドット・コム                     1.50%
5.テスラ                             0.90%
6.バークシャー・ハサウェイ                    0.80%
7.ジョンソン・エンド・ジョンソン                 0.70
8.ユナイテッドヘルス・グループ                  0.70%
9.台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング Co. Ltd.       0.70%
10.エヌビディア(株)                        0.60

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。